プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

リフィニティブ・ジャパン株式会社

リフィニティブ、インヴァスト証券に市場心理指数を提供

2019年8月14日

リフィニティブ・ジャパン株式会社

リフィニティブ、インヴァスト証券に市場心理指数を提供
強化学習型AIモデル活用したトレード・サービスに連携

世界有数の金融データのプロバイダーであるリフィニティブの日本法人リフィニティブ・ジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役社長:富田秀夫)は本日、リフィニティブが独自のテキストマイニングと心理スコアリング技術から心理指 数に仕立てた市場心理指数をインヴァスト証券株式会社(東京都港区、代表取締役:川路 猛)に提供すると発表しました。

ビッグデータをどのように利用するかが課題とされている中で、リフィニティブが北米、欧州、アジア(日本除く)の約450人の金融プロフェッショナルに対して実施した人工知能(AI)/機械学習(ML)調査によると、金融業界で機械学習の利用が世界的に広がる中、将来的にその成功が極めて重要になるとの認識の下、経営陣らは事業戦略の中核的な部分になっていると指摘しています。金融サービス企業の90%がMLを利用するなど2017年の28%から大きく状況が進展しており、75%の企業がMLに大規模投資を行っていると回答しました。

リフィニティブの市場心理指数サービスは、行動計量学データのマーケットリーダーであるマーケットサイク・データとのパートナーシップを通じて開発されました。当該サービスは世界で主要な2000のニュースサイトと800のグローバル金融ソーシャルメディア・サイト上のニュースやソーシャルメディアをリアルタイムで解析し、さまざまなアセットクラスでの投資判断やリスク管理を容易にします。収集・分析されたデータは定量、定性解析にシームレスに組み込むことができ、投資家や、その他の専門家が担当業務に関連したパターンを素早く把握するのに役立ちます。市場心理指数のテキスト解析エンジンには、特許を取得した自然言語処理ソフトウェアを採用しています。

インヴァスト証券は、強化学習型のAIモデルを採用したAIコアエンジンを通じて、マーケットのプライス情報、及び市場心理指数の集約情報を独自に改良した学習情報を利用し、FX売買シグナル配信情報サービスMAiMATE(マイメイト)として提供します。

インヴァスト証券で執行役員兼チーフデータサイエンスオフィサーを務める栢本(かやもと) 淳一氏はこう語っています。「これまで『正確な価格予測』にフォーカスしがちであった自動売買を、先端の強化学習モデル『A3C』を活用することで『最適なポジション管理の学習』へと進化させています。価格の予測に比べてポジションの管理はコントローラブルであり、『いつ始めて』『いつ終わるのか』というトレード全般を統合的に学習します。より良い判断を実行するためには、タイムリーに変化するニュース情報の活用は不可欠であり、検討の結果、Refinitiv社の市場心理指数を選択し、特にFXトレードに特化した形への情報集約を実現しました。」

リフィニティブの富田秀夫は次のように述べています。「ビッグデータから洞察を得るため、テクノロジーを十分活用するには質の高いデータが必要であることは明らかです。本件は、この分野で先進的に取り組むリフィニティブが市場のセンチメントを可視化する市場心理指数を質の高いデータとともに提供することで、AI/ML利用をさらに広げる一助になると確信しています。」
以上

インヴァスト証券について
インヴァスト証券は、「世界をもっと、良い場所にする」というミッションのもと、金融とテクノロジーの融合を目指すオンライン証券会社です。ETFやFXの自動売買を簡単に始めることができる「自動売買セレクト」や、クレジットカードのポイント等を原資として積立投資を行う「マネーハッチ」等、テクノロジーを駆使した最新の資産運用方法を提供しています。資産運用からスタートし、育児や教育、就職や結婚、資産形成等、世界中の人々の人生における様々な分野で、お金に関する課題を解決するソリューションの創造を目指します。詳しくはウェブサイト(https://www.invast.jp/)をご参照ください。MAiMATEについてはこちらをご覧ください。https://www.mai-mate.com

リフィニティブについて
Refinitiv(リフィニティブ)は世界有数の金融市場データのプロバイダーで、190カ国以上で4万社を超える企業・機関にサービスを提供しています。先導的なデータと知見、トレーディング・プラットフォーム、市場データ・インフラストラクチャー、オープン・テクノロジー・プラットフォームを通じて、世界の金融市場コミュニティを相互に接続し、発展を支えます。それによりトレーディング、投資、ウェルスマネジメント、規制およびマーケットデータ管理、企業が抱えるリスク、金融犯罪追跡などの分野において進化をもたらす先駆者としての役割を果たしていく所存です。詳しくはウェブサイトをご参照下さい。https://www.refinitiv.com/ja

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ