プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社ALBERT

熊本県発「聞きなっせAI くまもとの子育て」に 新機能追加 8月28日より一般公開スタート

2019年8月7日

株式会社ALBERT

【ALBERT】熊本県発「聞きなっせAI くまもとの子育て」に
新たに「子育て応援の店の情報をAIで探せる機能」を追加提供
実証試験を経て、8月28日より一般公開スタート

株式会社ALBERT(アルベルト、本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:松本壮志、以下「ALBERT」)は、熊本県の子育て相談システム「聞きなっせAI くまもとの子育て」に技術提供し、連携して開発・運営支援に取り組んできました。
AI・高性能チャットポット「スグレス」と「LINE」を活用した同システムは、2018年8月から実証実験を行なってきましたが、このたび、より県民のニーズに合ったものとするため、内閣府が推進する「子育て支援パスポート事業」に呼応した「子育て応援の店の情報をAIで探せる機能」を追加搭載し、2019年8月28日から一般公開されます。

■熊本県発24時間365日 子育て相談システムに、新たな機能を追加して一般公開
熊本県では、子どもを安心して産み育てられる環境づくりのため、結婚・妊娠・出産・子育てなどの各ステージにおける切れ目のない支援に取り組んでいます。
一方、ALBERTはAI のシステム実装を視野に入れた産業・企業の開発パートナーとして、AIを搭載した高性能チャットボットサービス「スグレス」を提供しています。「スグレス」は問い合わせの自動応答やLINE等との連携が可能で、自動学習機能を搭載しているため、ユーザーの知りたい情報を的確に即時回答することが可能です。

そのような中、慣れない家事育児のストレスなど子育てに悩む県民が増えている現状を解決するため、熊本県から、妊娠から出産、未就学児までの子育てに関する行政窓口の問い合わせ自動化システムの開発依頼を受け、直接窓口に足を運ばなくても24時間365日いつでも相談が可能となる「スグレス」と「LINE」を活用した「聞きなっせAI くまもとの子育て」の開発に至りました。
第一段階として2018年8月から利用者を限定した実証試験を行ない、蓄積した回答データによる継続的な精度向上や利用後アンケートを実施してきました。その結果を受け、この度、特に需要が高く好評だった、子連れで行ける施設情報を探せる「子育て応援の店の情報をAIで探せる機能」を新たに実装し、2019年8月28日より一般公開することとなりました。

■新機能「子育て応援の店の情報をAIで探せる機能」
「聞きなっせAI くまもとの子育て」は、市町村役場の子育ての制度や手続き、子育てで困ったときの対応などのお尋ねについて、24時間365日いつでも瞬時にAIが回答するシステムです。約3,800件のデータを搭載しており、手続きや子育ての困り事が尋ねられるだけでなく、県内の市町村と連携しているため、広域の情報を知ることができます。
2018年8月からの実証試験を受けて今回新しく追加した「子育て応援の店の情報をAIで探せる機能」は、内閣府が社会全体で子育て世帯を応援するため各都道府県と協力し推進している「子育て支援パスポート事業」に呼応し、県内で協賛店舗に登録している店舗をLINE上で質問するだけですぐに教えてくれる仕組みです。
また、県内の協賛店舗に登録している子育て応援の店に関する施設情報が登録されているだけでなく、「スグレス」の自動学習機能により、利用によるデータ蓄積が増えることで手間をかけることなく回答精度が向上していきます。

<実証試験でのモニターアンケート>
モニター約150人にアンケートを実施した結果、利用後の満足度は約80%でした。土日や夜間など閉庁時間の利用率が全体の40%を超え、閉庁時間の相談ニーズが大きいこともわかりました。
また、実証試験前は行政の手続きにまつわる質問を多く想定していましたが、実際は、「夜泣きが止まらない」「熱が出た」など一般的な子育ての悩みに関する質問や、「ベビーカーを貸し出してくれる」「ミルクのお湯を提供してくれる」等の子育てに優しいお店の情報に関する質問が多い結果となりました。

■今後の展開について
ALBERTは日本屈指のデータサイエンスカンパニーとして、各産業に実装されるAI開発やデータサイエンティスト育成を通して社会に貢献していきます。その中で、自治体が蓄積している膨大なデータをもとに、AIチャットボットを活用し、利便性の高い住民向けサービスの提供や課題の解決に向けたサポート体制を強化していきます。 

■株式会社ALBERT
所在地 :東京都新宿区北新宿2丁目21-1
TEL: 03-5937-1610/FAX: 03-5937-1612
設立日 :2005年7月1日
代表者 :代表取締役社長兼CEO 松本壮志
証券コード :3906(東京証券取引所マザーズ)
事業内容 :データソリューション事業
AI活用コンサルティング / ビッグデータ分析 /
AIアルゴリズム構築とシステム開発・運用 / AIを用いた独自プロダクトの提供 /
データサイエンティストの育成支援
U R L :https://www.albert2005.co.jp/

AI・高性能チャットボット『スグレス』
チャットボット(chatbot)とは、「チャット」と「ボット」を組み合わせた言葉で、人工知能(AI)を組み込んだコンピューターが人間に代わって一定の会話を自動化する「自動会話プログラム」のことです。スグレスは人工知能(AI)を搭載した高性能チャットボットサービスです。自然言語でのお問い合わせ自動応答機能や自動学習機能を搭載しており、運用コストをかけずに回答精度を向上します。また、LINEをはじめ様々なSNSツールと連携でき、ユーザー毎に最適化されたコミュニケーションを実現することが可能です。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ