プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

HARUMI FLAG 広報事務局

「HARUMI FLAG」 第1期販売 登録申込数1,543組

2019年8月7日

三井不動産レジデンシャル株式会社・三菱地所レジデンス株式会社・野村不動産株式会社
住友不動産株式会社・住友商事株式会社・東急不動産株式会社・東京建物株式会社
NTT都市開発株式会社・日鉄興和不動産株式会社・大和ハウス工業株式会社

東京のどまんなかに24棟(※1)・
5,632戸の約12,000人が暮らす街づくりを実現
「HARUMI FLAG」
第1期販売 登録申込数1,543組
最高倍率 71倍、平均倍率 約2.57倍

 「HARUMI FLAG」の住宅分譲街区の売主10社は、2019年7月26日(金)から8月4日(日)まで第1期販売を行いました。2019年首都圏最多(※2)となる600戸を供給し、登録申込数は1,543組となりました。

 「HARUMI FLAG」は、オフィシャルサイトを開設した2018年10月31日から23,300件を超える(※3)エントリーをいただき、2019年4月27日(土)に開設した「HARUMI FLAGパビリオン」の見学者数も5,100組(※3)を超えるなど、非常に多くのお客様からご関心をいただいています。

 お申込みいただいたお客様には、三方向を海に囲まれ、レインボーブリッジなどを見渡すことができる「眺望の良さ」、都心6区(※4)の平均専有面積より20㎡以上も広い「ゆとりあるプラン」、銀座へ約2.5㎞・中央区晴海という東京都心と湾岸エリアの結節点となる「利便性の高い立地」、という3つのポイントを主に評価いただきました。

 その他、「商業施設や保育施設、小中学校、公園等が揃うALL IN TOWN」であること、「子育て世代やシニア世代など誰もが住みやすいユニバーサルデザインの街」であること、「多種多様な51室もの共用施設があり、そのうちタワー棟48階のSKY LOUNGE等26室を住宅分譲街区の全居住者が利用可能」などの点についても評価いただいております。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201908069512-O3-5Z2t8P37
HARUMI FLAG完成予想CG

※1:住宅棟と商業施設の合計
※2:2019年に首都圏(一都三県)で販売された分譲マンションで第1期販売600戸は最多となります。
    対象期間(2019年1月~2019年5月15日までのMRC調査・捕捉分に基づく分譲マンションデータ範囲内による)
    データ資料:MRC2019年6月号作成2019.07.02(有)エム・アール・シー
※3:2019年8月4日時点
※4:都心6区とは、東京都中央区、港区、千代田区、渋谷区、新宿区、文京区

■登録申込者のプロフィール

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201908069512-O2-vV575jGT

■第1期販売状況

販売街区:SEA VILLAGE(A棟・B棟・D棟)/PARK VILLAGE(A棟・B棟・C棟・F棟)
登録受付期間:2019年7月26日(金)~8月4日(日)
登録申込状況:登録申込総数1,543組、最高倍率71倍、平均倍率 約2.57倍
販売戸数:211戸(SEA VILLAGE)/389戸(PARK VILLAGE)
専有面積:85.37㎡~152.1㎡(SEA VILLAGE)/66.59㎡~106.82㎡(PARK VILLAGE)
間取り:3LDK~4LDK(SEA VILLAGE)/2LDK~4LDK(PARK VILLAGE)
販売価格:<SEA VILLAGE>
     3LDK(7,550万円~9,200万円)
     4LDK(8,450万円~23,000万円)
     ※最多価格帯:8,600万円台(100万円単位)

     <PARK VILLAGE>
     2LDK(5,400万円~6,960万円)
     3LDK(5,930万円~12,690万円)
     4LDK(6,390万円~13,240万円)
     ※最多価格帯:6,400万円台(100万円単位)

<ご参考>
■「HARUMI FLAG」全体開発概要

総開発面積:133,906.26㎡
総計画戸数:住宅5,632戸(分譲住宅街区4,145戸、賃貸住宅街区1,487戸〈シニア住宅、シェアハウス含む〉)、他に店舗・保育施設(区画数未定)、商業施設

■「HARUMI FLAG」各街区開発概要

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201908069512-O5-qxTXEb9Z

新橋駅や虎ノ門までBRTが運行
BRTはHARUMI FLAGと新橋駅、虎ノ門を結びます。ターミナルの新橋駅からは、JRや都営地下鉄、東京メトロなど都心の主要路線へダイレクトにつながります。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201908069512-O7-V3fG1b04
出典:東京都ホームページ
東京都都市整備局・京成バス株式会社『都心と臨海地域とを結ぶ
BRTに関する事業計画』2018年8月改定より
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/kiban/brt/index.html

主要エリアの距離
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201908069512-O6-ndoSAjXu
※掲載の距離は直線距離となります。道路距離 東京:約4.5km・銀座:約3.1km・虎ノ門:約4.7km
・汐留:約3.5km・豊洲:約2.4km・国際展示場:約5.4km・台場:約5.4km・品川:約8.3km

HARUMI FLAG完成予想CG
登録申込者のプロフィール
「HARUMI FLAG」各街区開発概要
BRT
主要エリアの距離
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ