プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

アーバーネットワークス株式会社

NETSCOUT、ネットワークベースの脅威検知・分析プラットフォーム 「Arbor Threat Analytics」を提供開始

2019年8月6日

NETSCOUT、ネットワークベースの脅威検知・分析プラットフォーム「Arbor Threat Analytics」を提供開始

〜 クラウドやネットワークを通じて提供されるデジタルサービスの脅威とリスクを可視化して早期に警告 〜

[本資料は、2019年7月31日(現地時間)に米国マサチューセッツ州ウェストフォードで発表されたプレスリリースの抄訳です]

NETSCOUT SYSTEMS, INC.(NASDAQ: NTCT)は、今日のマルチクラウド環境全体の可視化を実現するネットワークベースの脅威検知・分析プラットフォーム「Arbor Threat Analytics(ATA)」を提供開始しました。NETSCOUTが入手可能なインターネットおよび大規模な企業ネットワークにおける知見と、トラフィックモニタリングや分析における豊富な経験を使って脅威を特定する能力とを組み合わせ、他のいかなるツールよりも早く脅威を認識し、迅速なトリアージとフォレンジック調査を実現することができます。

Arbor Threat Analyticsは、NETSCOUTが特許取得済みのトラフィックモニタリング技術である「Adaptive Services Intelligence(ASI)」と、先進的な機械学習の手法を使って導き出された独自の「ATLAS インテリジェンスフィード」および他のインテリジェンスフィードを活用して提供されます。ASIのエンジンに脅威検知の機能を組み入れ、幅広い脅威インテリジェンスにアクセスがすることが可能になります。ASIはもともと、パフォーマンスおよびサービスアシュアランスのユースケースのために開発され、2,000をはるかに超える大企業およびサービスプロバイダーに展開されています。感染拡大や重要なサービスへの影響を含んだ潜在的な脅威に関する豊富なコンテキストを提供し、そうした脅威の分析と対処を迅速化します。

Arbor Threat Analyticsは、クラウドやネットワーク、サービスを可視化するISNGプラットフォーム上に構築されており、オンプレミスの10~100ギガビットのリンクから個人のワークロードまで、どんなところにも利用できるように設計されています。プライベートクラウド、パブリッククラウド、またはハイブリッドクラウド環境において、独自の視点を提供します。メタデータから会話フロー、セッション記録、最終的にはパケットに至るまで可視化し、ますます複雑化する環境においてリスクを軽減することができます。ファイアウォールの背後やネットワーク全体の問題を見つけることができるので、迅速かつ正確に脅威に対処できます。

市場調査会社のEnterprise Strategy Groupのシニア・プリンシパル・アナリスト兼フェロー、Jon Oltsik氏は次のように話しています。「セキュリティの分析や運用のためのネットワークデータの利用については、新しいものを積極的に取り入れる層から一般層まで、新たな関心が持たれています。NETSCOUTのソリューションによって、ネットワークやセキュリティのデータが利用しやすくなります。NETSCOUTのASIテクノロジーは、脅威インテリジェンスフィードとともに活用することで、IOC(Indicator of Compromise:脅威の痕跡)をすばやく見つけ出し、フォレンジック後の作業を早めることができます。APIを通じてSplunkなどのSIEM(Security Information and Event Management)と連携し、セキュリティ基盤をさらに強化することも可能です」

NETSCOUTのエンタープライズCTO、Paul Barrettは次のように話しています。「Arbor Threat Analyticsの提供開始により、これまでIT部門に提供されてきた当社の信頼できる情報が、セキュリティ部門にも提供されるようになります。パケットデータの利用は長い間セキュリティ関連の作業の一環でしたが、パケットデータをすぐに利用可能なメタデータに変換する機能によって、セキュリティ部門での対応がより迅速になります。NETSCOUTのテクノロジーやデプロイモデル、専門知識を活用して、クラウドやネットワークのあらゆる場所を可視化することで、リスクを軽減できます」

■NETSCOUTについて
NETSCOUT SYSTEMS, INC.は、デジタル・ビジネス・サービスの可用性、性能、セキュリティを実現する最新のソリューションを提供しています。スマートデータ技術とアナリティクスを組み合わせ、市場とテクノロジーを牽引しています。リアルタイムの幅広い可視性と洞察を提供し、お客様のデジタルトランスフォーメーションの実現をサポートします。私たちのアプローチは、サービスやアプリケーションの計画・提供・統合・テスト・展開の方法を変革するものです。nGeniusサービス・アシュアランス・ソリューションは、サービス、ネットワーク、アプリケーションのリアルタイムでコンテキストを加味した分析機能を提供します。Arborセキュリティソリューションは、可用性に脅威を及ぼすDDoSや重要な企業資産を盗むためにネットワークに侵入する高度な脅威に対する保護機能を提供します。詳細は、www.netscout.comをご参照ください。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ