プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

早稲田大学

早大・北京大・高麗大の学生が東アジアの紛争解決と和解について考える

2019.08.05

早稲田大学

早大・北京大・高麗大の学生が東アジアの紛争解決と和解について考える
キャンパス・アジア夏季集中講座を東京と伊豆で開催

このたび早稲田大学では「東アジアの紛争解決と和解:キャンパス・アジアの取組」と題し、キャンパス・アジアの夏季集中講座に参加する学生が架空の「東アジアの歴史と未来ミュージアム」の企画展発表会を行います。
アジアで共に生きる新世代が、共に考える過去、歴史、そして未来。東アジアをはじめとする各国からの学生が8日間を共にし、東京で東アジアの歴史と和解、紛争解決と未来について考えます。
キャンパス・アジアのパートナーである高麗大学校、北京大学と早稲田大学の学生が東京と伊豆で8日間を過ごし、様々なフィールドワーク、グループワークに取り組みます。
プログラムの最後には、グループワークを通じて創造した架空の「東アジアの歴史と未来ミュージアム」の企画展を発表します。

■イベント概要
日時:2019年8月10日(土)9:00-12:00
会場:早稲田大学 早稲田キャンパス 22号館1階 セミナールーム
言語:英語(通訳なし) 参加費:無料 参加対象:学生、大学院生、教職員、一般
主催:早稲田大学 共催:北京大学・高麗大学校

■スケジュール
・開会挨拶:梅森直之 早稲田大学 キャンパスアジア・プログラムディレクター 政治経済学術院教授
・学生たちによるプレゼンテーション
・Q&Aセッション
・閉会挨拶:弦間正彦 早稲田大学 理事(国際、USJI担当) 社会科学総合学術院教授 (予定)

■キャンパス・アジア「多層的紛争解決・社会変革のためのグローバルリーダー共同育成プログラム」
早稲田大学・北京大学・高麗大学校が連携し、ダブルディグリープログラムやサマースクールなどの共同カリキュラムの開発・運営行い、これらの事業を通して、次世代リーダーを共同で育成する意欲的な計画。早稲田大学、北京大学、高麗大学校の3大学の学生が共に学ぶことで、社会変革力・相互理解力・調査分析力・実践応用力を兼ね備えた人材として成長し、東アジアのみならず、広く世界で活躍することが期待される。
https://www.waseda.jp/campus-asia/

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ