プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

FXC株式会社

世界最小サイズEthernet OAM対応メディアコンバータ「LEX3881-2F」新登場!

2019年8月5日

FXC 株式会社

Link OAM/ CFM OAM 機能を搭載。
世界最小サイズ(*1) の10GBASE-R/R メディアコンバータ!
「LEX3881-2F」新登場!

FXC株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:谷輪重之)は、2019年8月5日(月)より世界最小サイズ(*1)の超小型でEthernetOAMに対応した10GBASE-R t o 10GBASE-Rメディアコンバータ「LEX3881-2F」を発売いたします。

「LEX3881-2F」はEthernet OAM(IEEE802.3ah, IEEE802.1ag, ITU-T Y.1731)機能でインバンド設定監視・導通確認に対応したメディアコンバータです。本製品はLEX1000シリーズで培った小型化、省電力化、耐久性の技術を更に発展し、Ethernet OAM対応メディアコンバータとして世界最小サイズ(*1)を実現したハイエンドモデルです。
「LEX3881-2F」はLink OAM/CFM OAM機能を搭載したメディアコンバータで、隣接する装置間を接続している回線の状態監視をはじめ、複数の装置間の接続障害の監視を行います。また、スループット測定、フレームロス測定、フレーム遅延測定など、イーサネット網上での運用、管理、保守機能を有し、故障要因の特定化、切り分けの容易さで高いコストパフォーマンスと安定した伝送品質を提供いたします。
さらに、停電等の電源断をリモートで通知するDying Gasp機能も備え、故障時に迅速に対応できます。

弊社は「LEX3000シリーズ」をアクセス系から基幹系までカバーするマルチサービスシャーシプラットフォームとして位置付け、昨年「LEX3851-1F」を皮切りに、集合型シャーシ、電源モジュール、SNMP管理カードなど、ラインアップを続々と拡充しております。
今後、道路、防犯、医療、交通などインフラ整備が広がり、通信網の多様化、大容量化、高速化する中、メディアコンバータの需要はますます拡大することが見込まれ、FXCは通信事業者、エンタープライズ、ファクトリーオートメーションなどのアプリケーションに高密度メディアコンバータモジュールで信頼性の高いソリューションを提供して参ります。

●製品型番:LEX3881-2F
●製品仕様:10GBASE-R to 10GBASE-R 対応メディアコンバータ
●標準価格(税別):オープン
●保守
 5年間センドバック保守    :LEX3881-2F-SB5 標準価格(税別):オープン
 ライフタイムセンドバック保守 :LEX3881-2F-SBX 標準価格(税別):オープン

LEX3881-2F
LEX3881-2F正面
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ