プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

富山市

フォトフェスティバル「フォトキト」展示作品募集について

8月2日

富山市

フォトフェスティバル「フォトキト」展示作品を募集します!

 10月5日(土)・6日(日)に開催される市民参加型フォトフェスティバル「フォトキト」に展示する写真作品を募集します。
 「フォトキト」とは、写真を意味する「フォト」と富山弁で新鮮なことを意味する「キトキト」を合わせたもので、写真を通して富山市の新鮮な魅力を発見・発信していくことを目的としたイベントです。2017年以降、毎年開催され、今年で3回目となります。
 会場では、富山の田園風景をモチーフとした独自の方法で作品を展示します。主に市民で構成されたAMAZING TOYAMA写真部、市内小学生や一般公募の作品をはじめ、富山市出身の写真家・テラウチマサトさん(市政策参与)の写真も展示されます。  

<イベントについて>
■イベント名称
フォトフェスティバル「フォトキト」

■開催日
2019年10月5日(土)、6日(日)

■開催場所
グランドプラザ(富山市総曲輪三丁目) など

■イベント内容(予定)
・写真展示(AMAZING TOYAMA写真部、市内小学生、一般公募作品の作品 など)
・テラウチマサトさんによるトークショー
・AMAZING TOYAMA写真部による撮影ワークショップ
・展示作品の表彰式

<写真作品の公募について>
■展示写真のテーマ
「富山の恩送り(おんくり)」
 恩送りとは、誰かに受けた恩を直接その人に返すのではなく、別の誰かに贈ることです。みなさんが感じる「富山からの贈りもの」を考え、それをこのフォトキトに来場したひとびとに「送(贈)り返す」気持ちで、とっておきの1枚を応募してください。
 会場に展示された作品の中から、授賞作品(グランプリ1点、準グランプリ3点、優秀賞5点)を選定します。10月6日(日)には表彰式を行い、各賞に賞状と副賞を進呈します。

■応募期限
8月25日(日)

■応募方法等
2種類の応募方法があります。
①WEB応募
下記の応募フォームからご応募ください。
https://forms.gle/hhUx6uFVfXJz5qdT9
※WEB応募はGoogleアカウントが必要です。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201907319292-O3-RtH0EYD2
②メール応募
下記メールアドレス宛にご応募ください。
amazing@city.toyama.toyama.jp
件名を「フォトキト応募」とし、本文内に氏名、電話番号、撮影場所、タイトルを明記してください。

■応募の際の注意事項
・応募写真はファイル名を「氏名_タイトル」としてください。
・1人1点。プロ・アマ問わずご応募できます。
・データのみの受付です。写真の縦横は問いません。当日は600mm×600mm程度の用紙にプリントし、会場に展示予定です。
・撮影地は、富山市内に限らせて頂きます。
・応募多数の場合は、審査をさせて頂きます。当落の結果は個別にお知らせいたしません。会場での展示をもって替えさせていただきます。
・被写体に他者の権利(肖像権、著作権など)を含む場合は、必ず権利者に承諾を得てください。写真内容に関するトラブルについては一切責任を負いません。

たくさんのご応募をお待ちしております!

◎富山市ホームページ
http://www.city.toyama.toyama.jp/kikakukanribu/kohoka/citypromotion/amazingtoyama_photo.html

01「フォトキト」チラシ表
02「フォトキト」チラシ裏
Web応募フォームQRコード
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ