プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人金沢工業大学

夢考房人力飛行機プロジェクトが穴水湾での飛行に挑戦

2019年8月1日

金沢工業大学

2年ぶり2度目
夢考房人力飛行機プロジェクトが穴水湾での飛行に挑戦
令和元年8月6日(火)から8月9日(金)までの期間のいずれか1日で実施

金沢工業大学夢考房人力飛行機プロジェクト(学生100名)では、このたび2年ぶり2度目となる穴水湾での飛行に挑戦します。
計画では令和元年8月6日(火)から8月9日(金)までの期間のいずれか1日で実施します。朝6時に天候判断を行い、6時30分から記録飛行を行う予定です。
穴水町の「野積場」(石川県鳳珠郡穴水町川島ツ55)から滑走し、湾内に着水します。

穴水湾での飛行は一昨年の平成29年9月13日に実施したのが初めてで、この時は535m飛行しました。

飛行当日のスケジュールは次のとおりです。
午前2時45分 機体組み立て開始
午前4時頃   駆動試験、動翼試験、重心測定
午前5時05分 滑走試験 滑走路調整など
午前6時00分 天候判断
午前6時30分 記録飛行本番

夢考房人力飛行機プロジェクトは、人の力のみを動力とした人力飛行機の設計・製作・性能評価を行うプロジェクトです。今回穴水湾で飛行に挑戦する「幸」(読み:さち)は先尾翼機という珍しい機体形状で、プロペラは後部に付けられています。機体重量は106kgf(パイロット含む。うちパイロット重量は59kgf)、主翼のスパンは29.2mという巨大かつ軽量な機体で、製作には約7か月の期間を要しました。

飛行予定経路
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201908019327-O1-2js3mLK4

平成29年9月に初めて穴水湾飛行に挑戦した「航」(読み:わたる)。535m飛行した。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201908019327-O2-nB5aMwxE

平成29年9月に初めて穴水湾飛行に挑戦した「航」(読み:わたる)。535m飛行した。
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ