プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社ORENDA

オフィスを増床し動画配信・モーションキャプチャ収録に特化したスタジオを新設

2019年8月1日

株式会社ORENDA

オフィスを増床し新たに動画配信・モーションキャプチャ収録等に特化したスタジオ「creative studio 青一」を新設
~8月より運用開始~

リアルタイムエンジンを活用した3DCG制作を主軸に、ライブエンターテイメント事業、ゲームパブリッシング事業を展開する株式会社ORENDA(本社:東京都港区、代表取締役社長:澁谷陽史)は、北青山のオフィスを増床し、新たにモーションキャプチャ収録・音声収録・動画配信に特化したスタジオを新設したことをお知らせいたします。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201907319309-O1-i0F8083e

■スタジオ設立の目的
ORENDAは2015年に創業以来、ゲームエンジンによるリアルタイム処理技術(※1)を活かし、企画から2Dデザイン、3DCGデザイン及びプログラミングを一気通貫し制作を行ってきました。
現在は、xR事業(※2)、ゲームパブリッシング事業(※3)、ライブエンターテイメント事業(※4)と事業内容も幅広く、インタラクティブに遊べるコンテンツを提供しているところです。
今回のオフィス増床・スタジオ新設により、デザインだけではなくアクターの常駐や音声収録体制を強化し、各事業と相互に協力を行うことで、これまで以上に表現力の豊かな仮想空間表現と、クオリティの高いオリジナルコンテンツの創出を行ってまいります。

■「creative studio青一」とは
最新鋭の光学式モーションキャプチャシステム「OptiTrack」を導入し、音楽と3DCG、音声データを活用した映像配信などを製作し、配信を行うスタジオです。
「MUSIC×MOTION」をテーマに、クリエイティブと音楽、テクノロジーを駆使したコンテンツを産み出していきます。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201907319309-O2-T4B166C5 】  
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201907319309-O3-MOw01Ked

■スタジオ概要
名称:「creative studio青一」
住所:東京都港区北青山一丁目3番6号 SIビル青山B3階
面積:地下3階 40.52坪(133.95㎡)
稼働開始時期:2019年8月1日
HP:https://ao1-studio.com/

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201907319309-O4-370LA9WI 】  
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201907319309-O5-pqoxylkK

大・中・小3つのスタジオを完備しています。
音声のみの収録から、モーションキャプチャを利用した動画制作・製品PR動画や映像制作など幅広くご利用いただけます。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201907319309-O6-0yDByeD8 】  
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201907319309-O7-fpKaslXm

※1  リアルタイム処理技術とは、リアルタイム処理技術とは、ゲームや映像表現で多用されるゲームエンジンのUnityやUnreal Engine 4を用いて、
効率的にハイクオリティの映像を表現する技術です。
※2  xRとはVRやAR、MRといった仮想現実空間を表現する技術の総称です。ORENDAではリアルタイム処理技術を組み合わせたサービスを展開しています。
※3 ゲームパブリッシング事業とは、ゲーム開発者であるディベロッパーと提携し、様々なプラットフォームへ販売を行う事業です。ORENDAでは、主に海外のゲームクリエイターが開発を行ったインディーゲームの販売、宣伝、ローカライズを行っております。
※4 ライブエンターテイメント事業とは、音楽やスポーツなど様々なエンターテイメント向けコンテンツの制作を行う事業です。

参照:「ORENDA」HP:https://orenda.co.jp/service/

1
2
3
4
5
6
7
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ