プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人金沢工業大学

「プロジェクトデザインⅡ」 野々市市・金沢市との連携テーマ最終成果報告会を実施

2019年7月30日

金沢工業大学

実社会における問題発見・解決を目指す2年次必修科目「プロジェクトデザインⅡ」
市から提供されたテーマに対する解決策を学生が市担当者に提案
野々市市・金沢市との連携テーマ最終成果報告会を実施
野々市市 : 8月1日(木)10時より にぎわいの里ののいち カミーノ
金沢市 : 8月1日(木)15時より 金沢市役所7階協議会室

金沢工業大学(学長:大澤敏)では2年次の必修科目「プロジェクトデザインII」で、野々市市と金沢市から提供していただいたテーマに取り組んだチームの中から中間評価会で評価が高かった28チームが、8月1日(木)、市の担当者に最終成果報告を行います。

金沢工業大学は、チームで問題発見から解決にいたるプロセスを実践しながら学ぶ「プロジェクトデザイン教育」をカリキュラムの主柱に置いています。2年次前学期の「プロジェクトデザインⅡ」では実社会における問題発見・解決に取り組みます。今年度は全学科55クラス約270チーム中、168チームが野々市市と金沢市から提供いただいたテーマ(野々市市4テーマ、金沢市7テーマ)に取り組みました。
7月10日(水)には165チームが参加した中間評価会を行い、その中で評価が高かった28チーム(野々市市8チーム、金沢市20チーム)が、それぞれの市役所の担当者の方に向けて最終成果報告を行います。

開催日時・場所  
野々市市:8月1日(木)10時より にぎわいの里ののいち カミーノ
金沢市:8月1日(木)15時より 金沢市役所7階協議会室
*時間は1時間を予定しています。
*テーマ毎に市役所の関係職員が面談するブースを設け、学生がプレゼンを行います。

●野々市市との連携テーマ 発表8チーム
N-1:ごみの分別・減量化推進CMの制作
班番号 プロジェクトテーマ
FM305-1 ゴミの分別問題
FM301-3 ごみの分別・減量化推進CMの制作

N-2:町内会活動の活性化について
班番号 プロジェクトテーマ
EP301-5 町内会運営を円滑に進めるシステム
EM302-5 野々市市の町内活動の活性化(行事の参加率を上げるために)

N-3:野々市市の自転車ネットワーク計画について
班番号 プロジェクトテーマ
EL302-1 工大~カミーノ周辺における自転車空間の充実
ER303-3 工大前駅周辺の安全な交通環境の提案

N-4:「御経塚遺跡縄文土器文様デザイン」を活用した野々市市のPRについて
班番号 プロジェクトテーマ
EL214-3 御経塚遺跡は宣伝が弱いために認知度が低い
EM403-5 御経塚といえば縄文遺跡のある町に!!

●金沢市との連携テーマ 発表20チーム
K-1:観光によるまちづくり
班番号 プロジェクトテーマ
AA214-4 金沢のキャッシュレス化
AA404-6 観光しやすい金沢にするには
EP301-2 指差しツールによるコミュニケーション革命
EM306-5 観光によるまちづくり~かなざわ魅力再発見RPG~
AAco.-2 金沢飲食店の外国人対応が不充分
Baikinmen(English class) Kanazawa Bench project

K-2:みんなで考えよう地域の公共交通~移動の足を確保するために~
班番号 プロジェクトテーマ
EL214-4 市内公共乗り合いタクシー
EP404-3 公共交通の利便性を上げる

K-3:食品ロスを削減するために
班番号 プロジェクトテーマ
EP301-4 食があふれる世界へ~アプリによる市民へのフードロスの意識改革~
EL104-3 食品ロスを削減するために~料理教室の提案~
オリオン(English class) 食品ロスを削減するために

K-4:まちなかにおけるカラス対策
班番号 プロジェクトテーマ
EP305-1 指向性スピーカーを用いたカラスとの共存
EP303-2 カラスおひっこし大作戦
EL302-5 カラスと人間が良好に暮らせるまちづくり

K-5:里山の活性化に向けて
班番号 プロジェクトテーマ
AA404-1 空き家を活かして人を集める
EM302-4 農業従事者増加による里山地域の活性化

K-6:金沢の森林・林業~現状と取り組み~
班番号 プロジェクトテーマ
ER302-5 Forestry Robot
AAco.-6 金沢杉を日本へ!金沢杉酒樽

K-7:老人介護関係
班番号 プロジェクトテーマ
EL302-3 福祉ボランティアの参加率向上に向けて
EM403-2 口の衰えを予防しよう~将来の認知度を向上させるために~

昨年の様子
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ