プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社NTTドコモ

ドローン宅配サービス実現に向けた検証を実施

2019年7月29日

NTTドコモ

ドローン宅配サービス実現に向けた検証を実施
~LINEで注文・決済した玄界島産アワビ・サザエをドローンで運搬!~
~本邦初、2路線同時補助者なし目視外飛行を実施~

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201907299186-O1-CZPa6FS9
 ANAホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:片野坂 真哉、以下「ANAHD」)は、ドローン事業化に向けた検証を継続して実施しており、今回、LINE Fukuoka株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:落合 紀貴、以下「LINE Fukuoka」)、株式会社自律制御システム研究所(千葉県千葉市、代表取締役社長:太田 裕朗、以下「ACSL」)、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤 和弘、以下「ドコモ」)、株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長:草開 千仁、以下「WNI」)と共に、福岡市の協力の下、福岡市西区玄界島とざうお本店(福岡市西区)間、同玄界島と能古島キャンプ村間において、LINEで注文した海産物を、小型無人航空機(以下、「ドローン」)を用いて輸送し、宅配サービス実現に向けた検証を実施いたします。

◆検証実施日
2019年7月30日(火)~ 8月2日(金)
 ※公開はざうお本店にて8月1日のみとなります。
 ※8月1日悪天候の場合、8月2日に公開予定です。

◆輸送物
  玄界島より、玄界島産の海産物(アワビ、サザエ)を輸送します。

◆飛行区間
  福岡県福岡市西区玄界島ヘリポート~同西区小田 ざうお本店/同西区能古島キャンプ村横の砂浜
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201907299186-O2-0VfZdKwQ
 ※検証概要は別紙をご参照ください。

◆各社の主な役割
 ANAHD:ドローンの運航管理 (本検証の代表事業者)
 LINE Fukuoka:物流における注文・決済機能の提供
 ACSL:機体の提供および運航サポート
 ドコモ:ドローンの上空飛行に係るLTEネットワークの提供、およびdocomo sky™(ドコモ スカイ)の
     運航支援基盤による上空の電波状況を考慮した運航計画の策定支援
     ※「docomo sky」は、株式会社NTTドコモの商標です。
 WNI:気象情報サポートと有人航空機(ヘリコプター)監視のための飛行位置情報提供
 福岡市:検証対象となる地域及び関係者との調整等

◆LINEによる商品選択・決済のイメージ
  LINEを利用した商品選択・決済の流れは以下の通り。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201907299186-O3-8Y7RyP1F

以 上

【注釈】
(注 1)ANAホールディングスは、国土交通省が2018年9月に改正した「無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領」に基づき、海上における飛行においては、2019年7月18日に補助者を配置せずにドローンを目視外飛行させる承認を得ました。 (阪空運第5467号/阪空検第2379号)

(注 2)今回の実証実験では、ドローン向けモバイル端末などを無人航空機に搭載した実用化試験であり、試験に必要となる実用化試験局免許を取得しております。

【別紙】
1.飛行の概要
  能古島キャンプ村、ざうお本店(西区小田)ご協力の下、バーベキューをしているお客様へ玄界島産の海産物(アワビ、サザエ)をドローンにて輸送する宅配サービスを検証する。
  海産物購入の注文・決済は、LINE Fukuokaご協力の下、LINE公式アカウントにて行う。飛行管理については、安全に遠隔でのオペレーションを行うための仕組みを構築する。今回WNIご協力の下、ヘリコプターの動態を確認可能な仕組みを組み込んで検証を行う。

 1)離発着地点:①福岡市西区玄界島ヘリポート〜福岡市西区能古島キャンプ村(往復)
           ②福岡市西区玄界島ヘリポート〜福岡市西区ざうお本店(小田79-6)前砂浜(往復)
 2)飛行日時:7月30日(火) 15:00~18:00 玄界島⇔ざうお、玄界島⇔能古島
              31日(水) 11:00~13:00 玄界島⇔ざうお、玄界島⇔能古島
                    15:00~18:00  玄界島⇔ざうお、玄界島⇔能古島
           8月1日(木)  11:00~13:00  玄界島⇔ざうお、玄界島⇔能古島
                    15:00~18:00  玄界島⇔ざうお、玄界島⇔能古島
              2日(金)  11:00~13:00  玄界島⇔ざうお、玄界島⇔能古島(予備日)
                    15:00~18:00  玄界島⇔ざうお、玄界島⇔能古島(予備日)
 3)積載物:0.9kg以下の荷物(玄界島産アワビ、サザエを予定)
 4)飛行距離:①10.3km、②6.4km
 5)飛行高度:海上より60mの高度
  ※小雨決行,荒天は延期もしくは中止の予定です。
   ※8月1日の検証は、報道機関に公開予定です。

2.飛行経路図(全日程同経路)
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201907299186-O4-4jLn4P43

3.飛行させる機体
 ACSL社製 PF-1(ANA仕様)
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201907299186-O5-7f1ag1Ux

4.見学される場合の注意事項
 見学される場合は、特に連絡は必要ございません。直接、離着陸場までお越しください。
 ただし、安全のため関係者の指示に従っていただきますよう、お願い致します。

5.検証についての問い合わせ先
 ANAホールディングス株式会社 広報・コーポレートブランド推進部
 電話:03-6735-1111

   

ドローン
ルート
決済イメージ
地点
PF-1(ANA仕様).png
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ