プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

堺市

アルフォンス・ミュシャ没後80 年記念特別展

2019年7月25日

堺市

アルフォンス・ミュシャ没後80 年記念特別展「アール・ヌーヴォーの花園 ミュシャとラリック 花々と植物のかたち」

堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)では、令和元年7 月6 日(土)から令和元年10月14 日(月・祝)まで、展覧会「アール・ヌーヴォーの花園 ミュシャとラリック 花々と植物のかたち」を開催しています。

フランスの19 世紀末を彩ったアール・ヌーヴォーを代表する芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)は、大女優サラ・ベルナール(1844-1923)に見いだされたことをきっかけに、一躍人気のデザイナーとして才能を豊かに開花させていきました。

本特別展の見どころ
ミュシャがパリで制作した代表的な装飾パネルを中心に、同時代に活動したルネ・ラリックのジュエリーやガラス工芸とともに約130 点をご紹介いたします。ミュシャが描く代表的な装飾パネルをはじめ、ラリックが手掛けたジュエリーや工芸品を通して見られる世紀末を彩った花や植物にスポットをあてます。

さらに、公益社団法人日本フラワーデザイナー協会(NFD)のご協力のもと、作品とコラボレートしたアーティフィシャルフラワーによるフラワーアレンジメントもお楽しみください。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201907088437-O1-knA7oWlt
■開催期間:令和元年7月6日(土) 〜 令和元年10月14日(月・祝)
■休館日:月曜日(休日の場合は開館)/ 休日の翌日(8月13日、9月17日、24日)/展示替臨時休館日(8月20日、21日)
■開館時間:午前9時30分~午後5時15分(入館は午後4時30分まで)
■場 所:堺 アルフォンス・ミュシャ館(堺市立文化館)
■所在地:堺市堺区田出井町1-2-200 ベルマージュ堺弐番館
■交 通:JR阪和線 堺市駅から徒歩約3分
■入館料
一般 500円(400円)
高校生・大学生 300円(240円)
小学生・中学生 100円(80円)
※()は団体料金で、 20人以上 100人未満
※小学生未満、障害者手帳をお持ちの方とその介助者、堺市にお住まいの65 歳以上の方(確認できる書類が必要)は無料
※その他提携割引制度あり
★☆9月18日(水)は、「関西文化の日」プラスで観覧料無料!★☆
■問い合わせ先:TEL: 072-222-5533 

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201907088437-O2-bmJc6mV8

関連イベント
NFD名誉本部講師による「フラワーデザインワークショップ」や、「展示解説ツアー」などの関連イベントがあります。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201907088437-O6-q2Ff17Mj

①フラワーデザインワークショップB
アール・ヌーヴォーをイメージした曲線の美しい植物を使ってアレンジメントを制作します。
■講師:高木優子NFD 本部講師(Quelle(クヴェレ)主宰)
■日時:令和元年8 月17 日(土) 午後2時から(90 分程度)
■会場:堺市立文化館ギャラリー
■定員:15 名(先着順)/小学生以上(小学生は保護者同伴)
■参加費:観覧料+2,500 円(材料費)
■申込締切:令和元年8 月10 日(土)

②フラワーデザインワークショップC
カーネーションやバラのプリザーブドフラワー、ドライフラワーを使って≪四つの花≫をイメージしたハーバリウムを制作します。
■講師:久恒和子NFD 名誉本部講師(HISATUNE フラワーデザインスクール主宰)
■日時:令和元年9 月7 日(土) 午後2時から(90 分程度)
■会場:堺市立文化館ギャラリー
■定員:15 名(先着順)/小学生以上(小学生は保護者同伴)
■参加費:観覧料+2,500 円(材料費)
■申込締切:令和元年8 月31 日(土)

※フラワーデザインワークショップAは、申し込みを締め切りました。

〇展示解説ツアー・講演会
学芸員による展示解説ツアーや講演会などもあります!

展示解説ツアー 堺 アルフォンス・ミュシャ館×箱根ラリック美術館
堺 アルフォンス・ミュシャ館と箱根ラリック美術館の学芸員が展覧会の見どころを解説します。
■日時:令和元年8 月12 日(月・祝) 午後2時から(60分程度)
■定員:30 名(先着順)
■参加費:聴講無料(要観覧料)
■当日正午より2 階受付にて整理券を配布します。
■申込:不要

②講演会「動植物デザインに宿る生命力―ミュシャとラリックの装飾をよみとく」
ミュシャの白ユリの花から、ラリックのトンボまで「生きとし生けるもの」を瑞々しく表した生命力にあふれる装飾・デザインの魅力をよみときます。
■講師:鶴岡真弓氏(多摩美術大学芸術人類学研究所 所長/教授)
■日時:令和元年9 月22 日(日) 午後2時から(90 分程度)
■会場:堺市立文化館ギャラリー
■定員:80 名(先着順)
■参加費:聴講無料(要観覧料)
■申込締切:令和元年9 月15 日(日)

③学芸員による作品解説ツアー(全3回開催)
当館学芸員が展覧会の見どころを解説します。
■日時
①令和元年7 月27 日(土)

②令和元年9 月14 日(土)

③令和元年10 月5 日(土)
★各日午後2時から(30 分程度)
■集合:堺 アルフォンス・ミュシャ館 4 階受付前
■定員:なし
■参加費:不要(要観覧料)
■申込:不要

■ミュージアムショップ

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201907088437-O7-2gj06spT
アルフォンス・ミュシャの関連グッズ(オリジナルグッズ、関連書籍等)を販売しています。館所蔵のコレクションを元に独自で開発したオリジナルグッズは、どれもここでしか手に入らないミュシャグッズです。
★ミュージアムショップの詳細はこちらから

■箱根ラリック美術館のご紹介
アール・ヌーヴォーとアール・デコの時代を駆け抜けた宝飾とガラス工芸作家、ルネ・ラリック。 彼の生涯を綴った「箱根ラリック美術館」は、自然とアートが響きあう心豊かになれる場所です。
★箱根ラリック美術館の詳細はこちらから

アール・ヌーヴォーの花園
チラシ(表1)
チラシ(裏2)
関連イベント(フラワーデザインワークショップ)
堺市立文化館 ミュージアムショップ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ