プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社電通デジタル

【電通デジタル】「Adobe Experience Cloud」と「Microsoft Azure」の連携ソリューションを提供開始

2019年7月23日

株式会社電通デジタル

電通デジタル、「Adobe Experience Cloud」と「Microsoft Azure」の連携ソリューションを提供開始
―AI活用により最適顧客セグメントの抽出と最適シナリオ予測・実行を自動化―

株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木 禎久、以下、電通デジタル)は、アドビ システムズ 株式会社(以下、アドビ)が提供するデジタルエクスペリエンスソリューション「Adobe Experience Cloud ※1 」と、日本マイクロソフト株式会社(以下、マイクロソフト)が提供する「Microsoft Azure ※2 」を連携させ、AIを活用した最適顧客セグメントの抽出と最適シナリオの予測・実行を自動化するソリューションを開発し、本日より提供を開始します。

近年、高度化するマーケティング施策を実行するため、膨大化する顧客データの分析や、セグメントに応じたシナリオ設計の複雑化、クリエーティブの出し分けの精緻化など、煩雑化する広告運用・管理が課題となっています。そこで、電通デジタルは、「Adobe Experience Cloud」と「Microsoft Azure」に関する高い知識と運用実績を活かし、AI活用によってマーケティング担当者の運用負荷を軽減しながら、精緻な顧客データ分析による最適シナリオの実行を自動化した本ソリューションの開発に至りました。

具体的には、まずアドビの分析ソリューション「Adobe Analytics」に蓄積された顧客の行動情報を、マイクロソフトの「Microsoft Azure」に連携し、顧客の行動・属性情報を統合します。次に、AzureのAI機能が類似している行動・属性情報を持つ顧客を類型化し、最適な顧客セグメントに分割し、各セグメントが購入に至る代表的な行動を抽出したうえで、アドビのパーソナライズソリューション「Adobe Target Premium」のAdobe Sensei ※3を活用した自動パーソナライズ機能に連携します。そして、その時点で最も購入に繋がりやすい誘導シナリオを予測し、実行します。なお、実行時には一人ひとりの顧客に対する推奨シナリオから、テストすべきクリエーティブのパターンを抽出し、自動最適化することも可能です。

同時に、AzureのAI機能とAdobe Senseiによる自動分析・シナリオ実行の状況を、人が解釈しやすい粒度で要約・可視化し、Power BI ※4 連携により日々モニタリングが可能なダッシュボードで一元管理可能になります。これにより、マーケティング担当者がAIによる判断および予測過程の把握ができ、実際に発生している顧客体験の理解が進むことで、改善策検討に活かすことができます。

今後も、当社はデジタルマーケティング領域におけるAIのビジネス活用をリードし、顧客企業のマーケティングプロセスの変革を支援していきます。

<ソリューションのフレームワーク>
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201907228934-O2-JDuea51Z

※1:Adobe Experience Cloud 
エクスペリエンスのためのデジタルコンテンツの制作からマーケティング、広告、アナリティクス、コマースを含む包括的なソリューションです。静的かつ分断化された顧客プロファイルのみを扱う従来のエンタープライズプラットフォームと異なり、すべてのタッチポイントやあらゆるチャネルを通して、魅力的なエクスペリエンスを一貫性と継続性をもって提供することを支援し、顧客のビジネス成長を加速させます。
※2:Microsoft Azure
マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム。
Microsoft、Azureは、米国 Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※3:Adobe Sensei
アドビが提供するAIと機械学習のテクノロジー。エクスペリエンスの世界にAIと機械学習を導入し、深いインサイトの獲得やクリエーティブな表現、タスクとワークフローの高速化、リアルタイムの意思決定などを支援します。
※4:Power BI
マイクロソフトが提供する、データを視覚化して組織全体で洞察を共有し、アプリや Web サイトにその洞察を埋め込むことができるビジネス分析ソリューションです。数百ものデータ ソースに接続し、ダッシュボードおよびレポートでデータを活用します。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ