プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

島村楽器株式会社

「HISTORY」から高級銘木を使用した25周年記念モデルを7月26日(金)発売。エレキギター・ベース全5アイテム

2019/07/19

島村楽器株式会社

「HISTORY」から高級銘木を使用した25周年記念モデルを7月26日(金)発売。エレキギター・ベース全5アイテム

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201907198884-O1-MJd8Y2U9

 島村楽器株式会社(本社:東京都江戸川区、代表取締役社長:廣瀬利明)は、1994年より多くのギタリスト&ベーシストに支持されてきたギターブランド『HISTORY(ヒストリー)』から、25周年を記念した限定モデルを2019年7月26日(金)に発売いたします。
 この25周年記念限定モデルは、通常は一点物の楽器に使用されるレベルの良質な高級銘木を惜しみなく使用し、また天然杢そのものの美しさを最大限に押し出した審美性が魅力。国産品ならではの丁寧な造りで、その素材の希少性からプレミアム感も備えています。四半世紀にわたって進化を遂げてきた「HISTORY」の節目を飾るに相応しいハイエンドなモデルとなりました。本当に良い楽器を末永く使用していきたい方にとって、愛すべき一本になることでしょう。
 エレキギターは3アイテム、エレキベースは2アイテムの展開で、各12本限定での販売となります。価格は¥300,000~¥360,000(税抜)。

◆エレキギター(3アイテム)
 「HG-LS/25th」は、黒い縞模様が入ったスポルテッドメイプルをボディトップに用いました。ボディバックとネックには貴重なホンジュラスマホガニーを採用、この材ならではの艶やかで膨らみのある中音域が魅力です。出力を抑えたオリジナルピックアップは繊細かつ表現力豊かにピッキングニュアンスを再現します。
 「HG-SE/25th」は、2点支持シンクロ&ロック式ペグ、コイルタップ機能を持たせたSSHレイアウトのピックアップなど多機能モデル。白色・黒色・茶褐色など斑模様が個性的な表情を見せるバックアイバールの木目を活かしたナチュラル仕上げが特徴です。アッシュボディらしいレンジの広いサウンドが特徴で、ややスリムなボディシェイプにより扱いやすさも優れています。
 「HG-TE/25th」は、細かく波打つ木目のハートメイプルをボディ表面にあしらったモデル。シングルコイルらしいキレのあるカッティングは、ふくよかな膨らみを持ちながらもレスポンスに優れ、演奏者に高揚感を与えるサウンドです。ボディバックのライトアッシュ材により抜けの良い明瞭なトーンが心地よいです。
 以上全3アイテムにサークル・フレッティング・システム(※1)を搭載しており、正確なピッチ感やクリアな響き、豊かなサスティーンなどが得られます。また「HG-SE/25th」、「HG-TE/25th」には音楽的な表現力が豊かなヘリテイジウッド・ハードメイプル(※2)をネックに用いています。

※1 サークル・フレッティング・システムについて
フレットを円弧状に打つことで、ナットから最終フレットまでの長さが全ての弦で同一なシングル・スケールを実現。ポジションによる和音のズレに気を煩わされることなく、より正確なピッチ感が得られるテクノロジーです。また、弦とフレットが直交することでクリアーな響き、豊かなサスティーンを実現。その効果はスケールが長くなるほど顕著で、特にローエンドの音程感が良好になるためエレクトリックベースとの相性も良いです。音程により正確さが求められるキーボードがいるバンドでは心地よいピッチ感、ヴォーカリストが歌いやすくなったといった報告もなされています。

※2 ヘリテイジウッド・ハードメイプルについて
環境の厳しい原生林で育ったため年輪が細かく密度の高い原木が、北米大陸の開拓時代(18 世紀中頃から19 世紀初頭)に伐採されました。運搬や貯木の際にその一部が水底に沈み、長い年月が経過。その間に導管内の不純物をバクテリアが食べ尽したことで、倍音豊かなトーンウッドとして熟成されました。木目が詰まっていることで反りやくるいも出にくくギター製作には理想的で、大自然と時間が育んだ奇跡の木材です。リアルヴィンテージ材とも呼ばれています。

◆エレキベース(2アイテム)
 「HG-B4/25th」と「HG-B5/25th」は、共通スペックによる4弦、5弦のエレキベース。ボディトップにはバストゥーン(バストン)ウォルナット材を用いており、この独特な深みと重厚感を活かすよう半艶のナチュラル仕上げにしています。ボディバックにはトーンレンジが広くレスポンスに優れるアッシュ材を用いています。ネック材には豊かな倍音成分をもつヘリテイジウッド・ハードメイプルを採用、5弦モデルにはチタン製のサポートバーを2本埋め込んでおり、ネック剛性も申し分ありません。
 フレットには加工精度の高いJESCAR社の製品を採用。サークル・フレッティング・システムにより低音弦のローポジションにおいてもピッチ感が優れています。プリアンプはアギュラー社製OBP3を採用、本格的な18V仕様にすることでプロスペックといえるサウンドを実現しました。

製品仕様 ※価格は全て税抜表示
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201907198884-O2-0ea8IL9a

各モデルの詳細はこちら
HG-LS/25th

HG-SE/25th  

HG-TE/25th

HG-B4/25th  

HG-B5/25th  

<HISTORYブランドについて>
HISTORYは1994年に生まれた時から一貫したポリシーがあります。「ギタリスト/ベーシストに本当に優れた理想の楽器を使ってもらいたい」という想い。それは伝統的なテイストの中にも、常に進化や改善を怠らない楽器づくりに繋がります。外観にはどこか温かみを感じさせるオーセンティックな風合いを残しながらも、その本質は常に楽器としての高みを目指し、最新のテクノロジーや革新的なマテリアルを適材適所に惜しみなく導入していきます。これらの厳選された素材と最新の技術により生み出されたギター/ベースは、多くのプレイヤーから高い評価を得ています。また、その時入手できた稀少材を使用した限定モデルや、著名ギタリストとのコラボレーションによるアーティストモデルなど、さまざまなスペシャルモデルも発表しています。

◆厳しい品質管理を経た、信頼の一本
即戦力となるギター/ベースとして、手にしたその時から最高のポテンシャルを発揮するために。HISTORYは、非常に厳しいクオリティコントロールを実施しています。
専任セットアッパーによる出荷前検査/調整は、HISTORYが独自に設けた品質基準によるセットアップを実施、0.5mm以下の緻密な計測を行いながら、各部所の調整からナット溝の加工に至るまで一切の妥協はありません。優れた演奏性と最高のサウンドを常に追求しています。

◆「次の時代をあなたと。」
ブランド創設25周年を迎えた今年、スローガンを「次の時代をあなたと。」に変更しました。HISTORYのギター/ベースをご使用いただくすべてのユーザー様とともに、新たなステップへと進化を遂げてまいります。2019年は3月にエレキギター・エレキベースの「HSシリーズ」、「CZシリーズ」を発表。そして今回の25周年記念モデル発売を皮切りに、フラッグシップモデルとなる「HGシリーズ」を続々とリリースしていく予定です。またアコースティックギターの新ラインアップも投入予定です。
今後のHISTORYにご期待ください。

HISTORY公式HPはこちら

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ