プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

日本システム開発株式会社

日本システム開発が、2019年IT導入補助金に少額でRPAを導入可能にする製品、flowMを登録

2019年7月17日

日本システム開発株式会社

日本システム開発が、
2019年IT導入補助金に少額でRPAを導入可能にする製品、flowMを登録
~中小企業が、RPA単体では申請しづらい補助金制度に、少額のflowMで活路~

 日本システム開発株式会社(本社所在地:愛知県名古屋市中村区、代表取締役社長:
伊藤健文、以下NSK)は、経済産業省の推進する「平成30年度補正サービス等生産性向上
IT導入支援事業」(以下、2019年度IT導入補助金。補助率2分の1)で、RPA(注1)
プロジェクトで利用する自社製ITツール「flowM」(フローム、最低単価5千円)を、
2019年度IT導入補助金対象のITツールとして登録いたしました。
これにより、ITツール2個セットでの申請が必要な2019年度IT導入補助金制度で、
「RPA」(NSKが登録しているRPAツールに限る。後述。)と「flowM」のセットでの
申請が可能となり、RPAを中心とした少額投資(80万円)・申請が可能となります。
中小企業がRPAを「働き方改革」「労働力確保」に活用できる機会を広めます。
FAX、電話、メール、ホームページよりお申し込みください。

【サービス概要】
IT導入支援事業者NSKのIT導入補助申請のプランの説明

申請組み合わせのご案内
 1. RPA費用      15万円(弊社製EòRPA(エウロパ)の場合)
 2. flowM費用      5千円
 3. RPAシナリオ製作費 64万5千円~(例。製作費は別途見積)
 計:80万円
 A類型(注2)で応募する場合の最低金額
 採択された場合は40万円の補助額(補助率2分の1)

 (別途:IT導入補助金コンサルティング費用が必要です)

2次公募期間:2019年7月17日(水)11:00~2019年8月23日(金)17:00まで<予定>
NSKのサービス提供期間:公募期間に間に合う限りのご応募まで
※:申し込み多数の場合、先着順で締め切らせていただく可能性がございます。
  何卒ご了承ください。

問い合わせ、サービス申込先
 RPA補助金窓口宛
 電話:  052-533-5652
 メール:  rpa-ngy@ml.nskint.co.jp
 FAX:  052-551-1862
 ホームページ:https://www.nskint.co.jp/it-hojo2019

日本システム開発株式会社が、2019年度IT導入補助金で登録済みのITツール
「EòRPA(エウロパ)」(15万円)(RPA、日本システム開発株式会社)
「WinActor」(90万8千円)(RPA、エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社)
「flowM」(5千円~)(マニュアル作成ソフト、日本システム開発株式会社)
「Commerce21」(380万円~)(ECサイトパッケージ、株式会社コマースニジュウイチ)

オプションとして申請可能な製品
「box」(10万8千円~)(ファイル共有クラウドサービス、Box, Inc.)
「帳票OCR」(39万8千円)(OCR、パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社)

オプションとして申請可能なサービス
「RPAシナリオ製作費用」
「RPA導入コンサルティング」
「遠隔サポート費用」

別費用
「IT導入補助金コンサルティング」…5年間の経営計画の提出作成支援、
業務効率化結果の複数年確認

ツール、オプションの組み合わせ詳細については下記2019年度IT導入補助金ホームページをご確認ください。
2019年度IT導入補助金
https://www.it-hojo.jp/

【用語の説明】
注1:RPA…Robotic Process Automationの略。RPA以外のソフトウェアを
      指示通りに操作するソフトウェア
注2:A類型…2019年IT導入補助金では、申請金額に応じてA類型、B類型と
      二つの類型に分かれている
「A類型」
必要プロセス数:
「業務プロセス」、「効率化プロセス」、「汎用プロセス」の中から
2つ以上の組み合わせでの申請が必要です。
ただし、「業務プロセス」から1つ以上の選択が必須です。
補助下限・上限額:
40万円以上150万円未満

「B類型」
必要プロセス数:
「業務プロセス」、「効率化プロセス」、「汎用プロセス」の中から
5つ以上の組み合わせでの申請が必要です。
ただし、「業務プロセス」から3つ以上の選択が必須です。
補助下限・上限額:
150万円以上450万円以下

EòRPA(エウロパ)

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ