プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

日立市

定住促進や空き家の利活用促進などを目的とする「3つの新しい住宅関係助成事業」を7月1日から開始!

令和元年7月5日

日立市

定住促進や空き家の利活用促進などを目的とする
「3つの新しい住宅関係助成事業」を7月1日から開始!

日立市では、定住促進や空き家の利用促進などを目的とする「3つの新しい住宅関係助成事業」を7月1日から開始しました。

1.運用開始日 令和元年7月1日
        (助成適用基準日 平成31年4月1日)

2.事業概要
(1)山側住宅団地住み替え促進事業
年齢層が高齢者に偏り、まちの活力低下が懸念される山側住宅団地(12団地)において、子育て世帯・若年夫婦世帯の住み替え支援を行い、生活環境の維持を図ることで、多様な世代がバランスよく住み続けられるまちづくりを進めます。
助成対象者
・子育て世帯(中学生までの子を養育している世帯)
・若年夫婦世帯(夫婦いずれかが40歳未満の世帯)
助成内容
・住宅取得など(最大101万5千円の助成)
・住宅賃借(最大34万円の助成)
https://www.city.hitachi.lg.jp/shimin/013/001/p077385.html

(2)空き家利活用促進事業
空き家や空き家解体後の跡地の流通・利活用(売却・賃貸借など)を促進し、まちの活性化を図ります。
助成対象者
・空き家や空き家敷地の所有者(相続人も含む)、賃借人
助成内容
・空き家の解体(工事費の1/3を助成 最大30万円)
・空き家のリフォーム(工事費の1/3を助成 最大30万円)
https://www.city.hitachi.lg.jp/shimin/013/001/p077669.html

(3)ひたちBRT沿線良好宅地整備促進事業
BRT(バス高速輸送システム)を活かして、誰もが健康で生き生きと暮らせるまちの実現のため、良好な宅地の整備促進を図り、少子高齢化に対応した利便性の高いまちづくりを進めます。
助成対象者
BRT沿線(JR駅1km、BRTバス停500m以内)に宅地を供給する事業者
助成内容
BRT沿線において開発行為により整備された、敷地面積が240㎡以上の住宅用地1区画につき、50万円を助成(最大500万円10区画まで)
https://www.city.hitachi.lg.jp/jigyo/004/001/p077253.html

※いずれの助成も、対象要件により助成金額が変わります。

■日立市に住みたい・住み続けたい方を応援する住宅取得支援はこちらから!
https://www.city.hitachi.lg.jp/shimin/013/001/p077031.html

3.問合せ
日立市都市建設部都市政策課
住政策推進室
TEL 0294-22-3111(内線436)
FAX 0294-21-7750
E-mail toshiseisaku@city.hitachi.lg.jp

日立市の街並み
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ