プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

パラマウントベッド株式会社

上質な眠りを提供するコラボレーションルーム「レム東京京橋」にて実施

2019年7月3日

パラマウントベッド株式会社

眠りをデザインするホテル「レム」と「パラマウントベッド」
上質な「眠り」を提供するためのコラボレーションルーム
1日1室限定 「レム東京京橋」ユニバーサルルームで実施

 パラマウントベッド株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:木村 恭介)は株式会社阪急阪神ホテルズ レム事業本部(東京都港区、レム事業本部長:井上 良継)と共同で、上質な「眠り」を提供するためのコラボレーションルームを2019年4月3日(水)より、レム東京京橋にて1日1室限定販売しています。

 コラボレーションルームでは、パラマウントベッドが開発した、日本初 の「眠りの自動運転」を実現した「Active Sleep BED(アクティブスリープベッド)」(※1)と、体を支える6つの部位ごとに、硬さを自在に変えることができる「Active Sleep MATTRESS(アクティブ スリープ マットレス)」を体験いただけます。「Active Sleep BED」は、睡眠状態を測定する「Active Sleep ANALYZAR(アクティブ スリープ アナライザー)」を搭載することで「入眠時」「熟睡時」「起床時」それぞれの睡眠状態に合わせてベッドの背の角度が自動で変化。角度をつけて眠ることで呼吸がしやすくなり、入眠をサポートします。熟睡中はベッドをフラットにして、心地よい眠りに必要な寝返りをうちやすくし朝はベッドの背が上がり、すっきりとした目覚めを促します。

 今回のコラボレーションは「より良い眠り」をコンセプトにしたレムの思いと、“人それぞれに合った最適な睡眠を取ることにより、前向きでアクティブな人生を送る”という概念のもと立ち上げたパラマウントベッドの新しいブランド「Active Sleep」の思いが一致したことから実現しました。

※1 塔載されたセンサーで測定した睡眠情報をもとにベッドが自動で動き、利用者の就床や起床をサポートする製品 (パラマウントベッド株式会社調べ)

■ コラボレーションルーム概要 1日1室限定

○販売期間  2019年4月3日(水)~
○対象部屋  ユニバーサルルーム(禁煙:ツインルーム)
       ※ レムオリジナルマットレス「シルキーレム」1台 
        パラマウントベッド「Active Sleep MATTRESS」1台のツインルームです。
○料  金  1室1名様利用時15,000円~
        /1室2名様利用時18,000円~(1泊室料、消費税・宿泊税込み)
○申し込み  電話予約時に「アクティブスリープコラボレーションルーム」と
       お申し付けください。
       ※チェックイン時に貸出すスマートフォンで、 Active Sleep BEDの
        リモコン操作および翌朝の睡眠スコアの採点や改善のヒントを
        ご覧いただけます。

【ご予約・お問い合わせ】
レム東京京橋 TEL:03-6813-0606(代表)

【住所】
〒104-0031 東京都中央区京橋2丁目6番21号
東京メトロ銀座線「京橋駅」6番出口前
JR線「東京駅」八重洲南口から徒歩約7分

【ホテルサイトURL】
https://www.hankyu-hotel.com/hotel/remm/tokyo-kyobashi

客室
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ