プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

東京都交通局

都営交通|天気の子 雨の日は、都バスで。

2019年7月1日

東京都交通局

都営交通|天気の子 雨の日は、都バスで。

新海誠監督の待望の最新作『天気の子』と都営バスがタイアップ
映画のシーンを活用したタイアップポスターや動画を用いた広報を実施

 東京都交通局では、映画『天気の子』(令和元年7月19日(金)公開)とタイアップし、主人公の帆高が登場する劇中のシーンを活用した都営バスのタイアップポスター・動画を用いて、都営バスの魅力を発信いたします。

1.コンセプト

雨の日は、都バスで。
雨が降っても、どこへでも行ける。傘がなくても、東京は楽しめる。
都バスに乗れば、気分も晴れる。

 本映画のテーマでもある『天気』のキーワードと、都営バスのもつ『雨の日の利便性』を組み合わせ、『都バスに乗れば、雨の日でも東京を楽しめる』という都営バスの魅力を表現しています。
 本コンセプトに基づき、タイアップポスターやタイアップ動画を制作します。

2.展開内容
(1)タイアップポスター
 劇中に出てくる都営バスのシーンを元に、新たに描き起こしたタイアップポスターを都営地下鉄の駅や車内、都営バスの車内などに掲出します。
■掲出場所
【メディアライナー】
期間限定で、大江戸線の車内広告をタイアップポスターや劇中場面カットで独占します。
掲出期間:令和元年7月8日(月)から7月22日(月)
※ 掲出期間中は、検査、修繕等を除いて毎日運行します。なお、運行状況に関するお問い合わせへの対応は、致しかねます。
【駅ジャック広告】
都営大江戸線 新宿駅
  掲出期間:令和元年7月2日(火)から7月22日(月)
都営浅草線 新橋駅
  掲出期間:令和元年7月2日(火)から7月14日(日)
【各都営交通車内・駅・営業所ほか】
都営バス車内・各営業所、都営地下鉄車内・各駅、
東京さくらトラム(都電荒川線)車内・荒川電車営業所、日暮里・舎人ライナー車内・各駅
  掲出期間:令和元年7月2日(火)から順次掲出開始

(2)タイアップ動画
 『雨の日は、都バスで。』のコンセプトに合わせ、劇中に出てくる都営バスのシーンを編集したタイアップ動画を作成し、都営交通の各媒体等で放映します。映画の主人公・帆高役の醍醐虎汰朗さんのナレーションに加え、RADWIMPSが歌う主題歌「愛にできることはまだあるかい」を使用したタイアップ動画となっています。

【ナレーション・テロップ】
 雨が降っても、どこへでも行ける。傘がなくても、東京は楽しめる。都バスに乗れば、気分も晴れる。
 雨の日は、都バスで。

 令和元年7月下旬から(4)の特設Webページで先行公開し、8月5日(月)から、都営地下鉄や都営バス車内のサイネージで放映します。詳細は(4)特設Webページをご参照ください。

(3)ラッピングバス
 令和元年7月2日(火)から9月30日(月)まで、「天気の子」のラッピングバスが3台、都内各地を走行します。渋谷駅と新橋駅を結ぶ都01系統では、車内広告を全てタイアップポスターや劇中場面カットで独占します。
 当日の走行エリアは、都バス運行情報サービス(https://tobus.jp) でご確認いただけます。

(4)特設Webページ
 令和元年7月2日(火)より、交通局のホームページ内に特設Webページを公開します。タイアップポスター掲出箇所やラッピングバスの運行状況、タイアップ動画などの情報を提供します。
 本タイアップの詳細は、こちらのWebページをご覧ください。
 URL https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/bus/kanren/amenohi/

タイアップポスター
ラッピングバス
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ