プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

名古屋市

「Hatch Technology NAGOYA 行政課題における先進技術の実証支援」募集開始

令和元年7月1日

市民経済局産業部次世代産業振興課
総務局行政改革推進部情報化推進課

行政課題解決をテーマに企業等と実証を行う
「Hatch Technology NAGOYA 行政課題における先進技術の実証支援」
の募集を開始します

 名古屋市では、社会における先進技術(ロボット・AI・IoT等)の活用を促進するため、行政分野における課題解決をテーマに、先進技術を活用した実証実験の提案募集を開始します。

1 概要
(1)事業名:Hatch(ハッチ) Technology(テクノロジー) NAGOYA(ナゴヤ) 行政課題における先進技術の実証支援(*Hatch かえす、孵化する)

(2)募集内容:「3 公募課題一覧」にかかげる行政分野における課題について、先進技術(ロボット・AI・IoT等)を活用した実証実験の提案を募集します。提案内容については、審査のうえ、実証の実施を決定します。

(3)募集対象:企業、大学、研究機関等(市内立地又は立地意向のある者)

(4)募集受付期間:8月5日(月)~8月15日(木)
 
(5)実証支援の内容:負担金の支払
実証に必要な市施設等における調整
市のイベント等におけるPR
大学、研究機関等における技術相談のあっせん
           
2 スケジュール
(1)応募内容の審査・活用技術の選定【9月】
(2)選定テーマにおける実証【10月~1月】
(3)実証結果取りまとめ・周知【2月~3月】

3 公募課題一覧
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201906278025-O1-vf4Oa7LJ

4 問合せ先
名古屋市市民経済局産業部次世代産業振興課
TEL:052-972-2419 FAX:052-972-4135

hatchtechnologynagoyaチラシ表
hatchtechnologynagoyaチラシ裏
公募課題一覧
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ