プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人千葉学園千葉商科大学

千葉商科大学「打ち水で涼しく大作戦!」昔ながらの日本の節電アクションを体験しSDGsを考える

2019年6月26日

千葉商科大学

千葉商科大学「打ち水で涼しく大作戦!」昔ながらの日本の節電アクションを体験
SDGs13「気候変動に具体的な対策を」

千葉商科大学(学長:原科幸彦)では、7月15日(月・祝)~19日(金)に、節電アクション「打ち水で涼しく大作戦!」を実施します。
今年で4回目を迎える「打ち水で涼しく大作戦!」。打ち水によって、クーラーに頼らない涼しさを体感することで、節電意識の醸成と節電行動を促進します。参加者に節電を身近に感じてもらうとともに、SDGs13の「気候変動に具体的な対策を」を自分ごととして考えてもらうきっかけとするのが狙いです。同大は社会科学の総合大学として、学長の掲げる基本戦略「学長プロジェクト」のもと、地域を志向した持続可能な社会づくりや、大学としてSDGsへ貢献することをめざしています。

◆本件のポイント
・打ち水参加者に環境問題や省エネに対する意識調査を実施する。結果は今後の省エネ活動及び研究活動に生かす。
・本イベントを主催する学生メンバーが、打ち水実施前後の温度変化をサーモグラフィで調査する。
参考(昨年度の地表面温度調査より):打ち水前平均55.16℃→30分後平均40.54℃(平均差-14.62℃)
・打ち水の参加者には、さらに涼しさを体感してもらうためアイスバーを提供する。
・同大でサマープログラムを体験中の海外学生も、浴衣を着て打ち水をすることで昔ながらの日本文化を体感する。この体験を海外学生が自分の出身国で紹介することにより、昔ながらの日本の節電アクションを海外の人々にも知ってもらう。
・同大は、キャンパス内に設置したソーラーパネル、メガソーラー野田発電所(千葉県野田市・本学所有)で創るエネルギーと、大学で使うエネルギーを同量にする「自然エネルギー100%大学」をめざしている。学内の学生団体「SONE(Student Organization for Natural Energy)」を中心としてさまざまな省エネ活動を展開しており、「打ち水で涼しく大作戦!」は、その活動の1つとなる。

◆節電アクション「打ち水で涼しく大作戦!」
【日時】2019年7月15日(月・祝)~7月19日(金)12:20~13:00
【場所】千葉商科大学「The University DINING」前、1号館前
※学生以外の一般の方も参加可能。
※アンケート協力者にはアイスバーをプレゼント(各日各場所先着70名)。

=======================================
千葉商科大学自然エネルギー率(電気+ガス)  84.1% (2018年6月~2019年5月)
=======================================

昨年の様子

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ