プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

NTTレゾナント株式会社

アクセス数から見る2019年上半期人気中古車ランキングを発表

2019年6月24日

NTTレゾナント株式会社

アクセス数から見る2019年上半期人気中古車ランキングを発表
昨年のモデルチェンジから注目され続けている「クラウン」が首位に

 NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:楠木 健、以下NTTレゾナント)が運営する「goo+dランキング(グッドランキング)」は、ポータルサイト「goo」のアクセスログと株式会社NTTドコモが運営する「dメニュー」の公開データを用いて、ユーザーの興味・関心を分析しています。
 今回は「goo自動車&バイク」における中古車カテゴリーの車種別ページビュー数(以下PV数)から、どの車が中古車市場では人気なのかを調査。人気の中古車をランキング形式で発表します。

1. 2019年上半期人気中古車ランキング(調査期間:2019年1月1日~2019年6月10日)
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201906247832-O1-ffygT1dQ 】  
 2019年上半期人気中古車ランキング1位は「クラウン」となりました。2018年6月、5年半ぶりにフルモデルチェンジした新型が発売された影響で、中古車も同様に注目されています。フルモデルチェンジから1年が経っていますが、「goo自動車&バイク」においても高いPVを維持してきました。「gooウェブ検索」においても「中古」とともに最も検索されていた車となっており、中古市場では人気車と推測されます。

 2019年上半期人気中古車ランキング2位は「プリウス」となりました。数あるハイブリッド車の中でも上位を争う燃費の良さと、耐久性の高さが評価され続けている車種です。「goo自動車&バイク」において常に注目されています。また、カラーバリエーションが豊富で、「goo自動車&バイク」では、他の車種と比較して、ボディカラーを指定して探されやすいことがわかっています。

 2019年上半期人気中古車ランキング3位は「ジムニー」となりました。1970年から発売されているパートタイム4WDシステムの軽自動車であり、2018年7月には20年ぶりにフルモデルチェンジしました。新型の人気は依然続いており、「gooウェブ検索」では「ジムニー」と併せて「新型」や「納期」がよく検索されています。「goo自動車&バイク」でも、フルモデルチェンジ発表から注目され続けている人気車種となっています。

2. 「goo+dランキング」について( https://ranking.goo.ne.jp/good/ )
 「goo+dランキング」は、「膨大なログデータから世の中を見ると、発見、驚き、笑いがみえてくる」を合言葉に、ユニークな切り口でユーザーインサイトを読み解く情報サイトです。「goo」が持っているアクセスログと「dメニュー」の公開データから、コンテンツごとのユーザーの関心を読み解き、世代や属性別などの新たなトレンドの発見を提供します。

3.「goo自動車&バイク」について( https://autos.goo.ne.jp )
 「goo自動車&バイク」は約40万台の中古車情報、約11万台の中古バイク情報を全国のディーラー・中古車・バイク販売店から探せる自動車・バイクのポータルサイトです。ブランド・メーカー、車種、ボディタイプなど様々な条件で全国の中古車・バイクが検索可能で、人気ランキングや、気になる車種の相場・燃費も比較できます。

※記載されている会社名、サービス名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

以上

2019年上半期人気中古車ランキング
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ