プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社キョードーメディアス

玉置浩二×ロシア国立交響楽団公演、 明日チケット発売スタート。 −5年間のオーケストラ公演の集大成−

2019年6月21日

玉置浩二×ロシア国立交響楽団公演、
明日チケット発売スタート。
−5年間のオーケストラ公演の集大成−

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201906217802-O1-kqn7n2X3
新元号の夏、アジア最高峰のヴォーカリストと称される玉置浩二と欧州の名門、ロシア交響楽団《シンフォニック・カペレ》との豪華競演がついに実現する。ロシアの国花、"ロマーシカ"の名を冠する舞台では、玉置浩二の圧倒的な歌唱と巨匠デヴィッド・ガルフォース指揮によるロシア国立響の凄音が交錯。5年間(2015年2月始動、国内外計77公演開催)におよぶオーケストラ公演の集大成を飾る大舞台が誕生する。ヨーロッパ&アジアに連なる国境、人種、そして文化を超越する“無限の調和”を導く玉置浩二の歌声、それは、大編成のフルオーケストラの豊潤でダイナミックな響きを追風にして、全ての聴衆をここでしか堪能できない貴重な音楽体験へと誘う。さらに注目は、世界的美術家、横尾忠則デザインによる玉置浩二公演ポスター。今回は、日本が世界に誇る二人の天才芸術家、横尾×玉置のコラボレーションを記念して来場者全員に、横尾忠則による玉置浩二肖像画デザインの特製クリアファイル(完全限定非売品)が特別配布される。(本公演は特別演奏プログラム&特別演出を予定)いよいよ明日6月22日よりチケット発売スタート。

【公演概要】
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201906217802-O2-8DBvQGnd
billboard classics
玉置浩二 PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2019
THE EURASIAN RENAISSANCE 
“ромашка(ロマーシカ)”特別公演

東京:
7月17日(水)サントリーホール 大ホール 開演19:00
7月19日(金)東京芸術劇場 コンサートホール 開演19:00

出演 玉置浩二
指揮 デヴィッド・ガルフォース
管弦楽 ロシア国立交響楽団《シンフォニック・カペレ》

■チケット16,000円(税込・全席指定)
【特典付】
●玉置浩二肖像画特製クリアファイル(横尾忠則 画)
●特製プログラム(ゴールドバージョン)
■公式HP http://billboard-cc.com/classics/tamaki2019-romashka-russia/
■一般販売:6/22(土)AM10:00より各プレイガイドにて発売開始
■【問合せ】キョードー東京 0570-550-799(平日11:00~18:00/土日祝10:00~18:00)

主催・企画制作:ビルボードジャパン 
後援:ロシア連邦文化省/ロシア連邦文化協力庁/駐日ロシア連邦大使館/ロシア文化フェスティバル日本組織委員会/TOKYO FM/米国ビルボード

大阪:6月26日(水)27日(木)フェスティバルホール  (完売)
大宮:6月29日(土)ソニックシティ大ホール(完売)
札幌:7月4日(木)札幌文化芸術劇場hitaru(完売)
東京:7月8日(月)12日(金)東京芸術劇場コンサートホール(完売)
横浜:7月13日(土)神奈川県民ホール大ホール(完売)
名古屋:7月15日(月・祝)愛知芸術劇場大ホール(完売)

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201906217802-O3-8zpgN61Y

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ