プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会

日本パブリックリレーションズ協会(PRSJ)が「PR活動ガイドライン」を策定

2019年6月20日

公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会

日本パブリックリレーションズ協会(PRSJ)が
「PR活動ガイドライン」を策定
~倫理綱領に基づいたPRパーソンの行動基準を示す~

公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会(東京都港区、理事長:畔柳一典、略称:PRSJ)はこのほど、「PR活動ガイドライン」を策定いたしました。
本ガイドラインには、PRパーソンが広報・PR業務を行う際の行動基準が示されており、協会会員と広報・PR業務に携わる多くの方に向けて作成したものです。
日本パブリックリレーションズ協会の公式サイト(https://www.prsj.or.jp)をはじめ、協会発行の刊行物やセミナー・イベントなどを通じて、協会内外に広く周知し理解獲得に努めていく予定です。

ちなみに、本ガイドラインは、当協会が2016年に全面改訂を行って制定した協会倫理綱領の精神を受け継ぐもので、PRの活動目的である「相互理解と合意形成」、「信頼関係を深めるためのコミュニケーション」などを実現するために策定されたものです。

今回のガイドラインでは、パブリックリレーションズの幅広い領域の中から、PRパーソンにとって中心的業務となっている「メディアリレーションズ」領域の行動基準を定めています。近年の統合メディアコミュニケーション活動の基本フレームとなっているPESO(Paid, Earned, Shared, Owned)の4つのメディアごとに具体的行動基準を示したものとなっています。

日本パブリックリレーションズ協会は、今回のPR活動ガイドラインの策定によって、企業広報、PR業・PR関連業から個人に至るまでの幅広いPRパーソンに対して、業務を遂行する上で参考にしていただくことを願っており、パブリックリレーションズの一層の発展・普及につなげていきたいと考えています。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ