プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

住友ゴム工業株式会社

市島工場で国蝶オオムラサキが羽化

2019年6月17日

住友ゴム工業株式会社

市島工場で国蝶オオムラサキが羽化

 住友ゴム工業(株)(社長:山本悟)の市島工場でオオムラサキの羽化が始まりました。オオムラサキは1957年に国蝶に選ばれ、現在は準絶滅危惧種に指定されており、自然環境を測定する目安になる指標昆虫の一つにもなっています。同工場では工場内に建てたケージの中で、2007年からオオムラサキの育成に取り組んでおり、毎年近隣の幼稚園や保育所のお子さんを招待し、観察会を実施しています。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201906177564-O1-sItgzBc0
今月羽化したオスのオオムラサキ。美しい青紫色をしている

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201906177564-O2-Zyh9O2eJ
観察会では園児が楽しみながら観察する(写真は2017年の様子)

 市島工場は敷地の約7割が緑地という豊かな自然環境を生かし、さまざまな環境保全活動を行っています。オオムラサキの育成は2007年に幼虫の餌となるエノキの木を種から育てることから始まり、木が1m程度に育った2011年から幼虫をケージに放ち、羽化に成功。育成に際しては、川西市環境審議会専門委員・兵庫丹波オオムラサキの会会長である足立隆昭氏にアドバイザーとして参画いただき、毎年オオムラサキの美しい姿を観察しています。

<その他の取り組み>
絶滅危惧種ホトケドジョウを育成
工場内にあるビオトープでは近年は開発などにより数が減り、絶滅危惧種に指定されている日本固有の淡水魚ホトケドジョウなどを育成しています。神戸市立須磨海浜水族園などの協力のもと、水質・個体調査を実施しながら、保護・生育活動を推進しています。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201906177564-O3-w7q207iW 】  
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201906177564-O4-q53SM6uA
場内のビオトープ(左)で育成しているホトケドジョウ。仏様のような優しい顔をしていることから名付けられたと言われている

 当社は今後も環境保全や地域との共生を図るため、さまざまな活動を行っていきます。

<市島工場概要 >
所在地:兵庫県丹波市市島町梶原5
工場長:山本 浩正
生産品目:ゴルフボール
操業開始:1996年
敷地面積:182,000平方メートル(ゴルフ科学センター含む)                                    

今月羽化したオスのオオムラサキ
観察会
工場内にあるビオトープ
ホトケドジョウ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ