プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社紀伊國屋書店

新宿教育セミナー@Kinokuniya「指導とトークを極める!教師力向上講座」

2019年6月17日

株式会社紀伊國屋書店

新宿教育セミナー@Kinokuniya「指導とトークを極める!教師力向上講座」

 株式会社紀伊國屋書店(代表取締役会長兼社長  高井 昌史)は、来る8月13日(火)、紀伊國屋ホールにて、第7回新宿教育セミナー@Kinokuniyaとして、<がんばる先生を応援します!! “先生のための夏休み充電スペシャル”「指導とトークを極める!教師力向上講座」>と題した先生方に向けたセミナーに、株式会社東洋館出版社と共に協力いたします。

 小学校教師・教師志望学生を対象に、学習指導等について学んでいただく場を提供し、教員の指導力向上を目的としたセミナーです。
 
 教育界から“授業づくり・学級づくりのプロ”、前筑波大学附属小学校副校長の田中博史先生が自身の教育実践をもとにした学級づくりや授業づくりの仕方を、またお笑い芸能の分野から友近さんを招き、人を引き付ける話術について語り合ってもらいます。今回も、時代の要請に応じた最新の情報や指導技術を提供し、学校教育の振興に寄与したいと考えております。

【講師】

田中博史 (講師)
 1958年、山口県生まれ。前筑波大学附属小学校副校長。現在は、真の授業人を育てる職人教師塾「授業・人」塾を主宰。筑波大学人間学群教育学類非常勤講師、学校図書教科書「小学校算数」監修委員。子どもが授業でつぶやく言葉を大切にし、自ら考え、算数的に表現することができる子どもを育てることで知られる。また『課外授業「ようこそ先輩」』などNHK教育番組にも多数出演。算数教育以外にも学級経営や子育てに関する講座も開き、全国100か所以上を巡る。おもな著書に『子どもに教えるときにほんとうに大切なこと』(キノブックス)、『子どもが変わる接し方』『子どもが変わる授業』『写真と対話全記録で追う!田中博史の算数授業実況中継』(東洋館出版社) などがある。

小杉竜一(講師)
 1973年、京都府生まれ。タレント。お笑いコンビ・ブラックマヨネーズのツッコミ担当。1998年に、吉田敬とコンビ結成。実力派しゃべくり漫才で関西を席巻。2005年には、第5回M-1グランプリで王者に輝く。たとえを交えた的確なツッコミと「ヒーハ-」をはじめとしたギャグ、愛らしいキャラクターでお茶の間の人気者に。現在は、数々の番組MCもこなす。プライベートでは二人の子をもつ良き父親である。おもな出演番組に、『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS)『ホンマでっか!?TV』『バイキング』(フジテレビ)『ビーバップ!ハイヒール』(朝日放送)『ウラマヨ!』『村上マヨネーズのツッコませて頂きます!』(関西テレビ)『マヨなか芸人』(読売テレビ)他多数。

【講座内容】

≪第一部 10:45~12:10 (85分)≫
 田中博史先生「私たちは子どもと本当の対話ができているのでしょうか。-大人の接し方次第で子どもの本当の姿が見えるようになる-」
"夏スぺ"だけでしか聞けない田中先生の講演です!今年は、子どもがもっとクラスを好きになって、もっと主体的になるために、教師と子どもの対話をテーマにお話しいただきます。

≪第二部 13:30~15:00 (90分)≫
 田中博史先生、ブラックマヨネーズ小杉竜一先生「笑いのプロ&教育のプロが語るクラスが変わる“笑いの力”」
笑いのプロ・小杉竜一先生と教育のプロ・田中博史先生の豪華対談!
今回も「笑い」と「トーク」をキーワードに、語り合ってもらいます。今すぐ子どもたちに話したくなる話が聞ける1時間半です。

日  時|2019年8月13日(火)10:30開演(10:00開場)
会  場|紀伊國屋ホール(紀伊國屋書店新宿本店4階)
料  金|3,000円(全席指定・税込)
前売取扱|キノチケットカウンター(紀伊國屋書店新宿本店5階 受付時間10:00~18:30)
     キノチケオンライン(https://piagettii.e-get.jp/kino/dt/
     ※お席を選んで予約できます。チケットの受け取りは全国のセブンイレブンでも可能です。
主  催|特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクール
後  援|文部科学省、東京都教育委員会、神奈川県教育委員会、横浜市教育委員会、
     川崎市教育委員会、埼玉県教育委員会、茨城県教育委員会、千葉県教育委員会、千葉市教育委員会
協  力|株式会社紀伊國屋書店、株式会社東洋館出版社

リリースに関するお問合せ先:株式会社紀伊國屋書店総務部総務課広報担当 info@kinokuniya.co.jp

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ