プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ラグビーワールドカップ2019大阪·花園開催推進委員会

ラグビーワールドカップ2019開幕100日前キックオフイベント

2019年6月15日

ラグビーワールドカップ2019大阪・花園開催推進委員会

ラグビーワールドカップ2019開幕100日前キックオフイベント
倖田來未さんがHANAZONO公式応援ソング
「Eh Yo」を初披露!
~ワールドカップ開催に向け、ラグビーの魅力を発信~

   ラグビーワールドカップ2019大阪・花園開催推進委員会(大阪府、東大阪市、府内各種団体、事業主体等で構成)は、6月15日(土)に大阪天王寺公園エントランスエリア「てんしば」で、「ラグビーワールドカップ2019開幕100日前キックオフイベント」を開催しました。

   イベントでは、倖田來未さんが、ラグビーワールドカップ2019日本大会の大阪・花園開催の機運醸成のために制作した、HANAZONO公式応援ソング『Eh Yo(エーヨー)』をイベントに来場した約3,000人の観客の前で初披露。「ラグビーワールドカップ日本大会のために、そして大阪のためにつくりました。大阪から世界に向けて“Eh Yo(エーヨー)”と唄って、ひとつになれたら」と、自ら作詞も手がけた曲に込めた想いについてもお話いただきました。
 また、倖田來未さんをはじめ、吉村大阪府知事や野田東大阪市長、現役ラグビー選手による、ラグビーの魅力やワールドカップのみどころ、開催都市となる大阪府・東大阪市の魅力について
語るトークセッションなどを実施しました。
   ラグビーワールドカップ2019大阪・花園開催推進委員会では、今後も開催を盛り上げていく取り組みを実施していきます。

【吉村 洋文 大阪府知事のコメント】
ラグビーワールドカップ2019開幕100日前キックオフイベントに、こんなにもたくさんのみなさんにお集まりいただき、ありがとうございます。今日は倖田來未さんが、ラグビーワールドカップ、そして大阪を応援するためにつくってくれた応援歌『Eh Yo(エーヨー)』が初披露されました。大阪にはラグビーワールドカップも、G20も、万博もあります。みんなで、「Eh Yo(エーヨー)」といって、大阪を明るく楽しく盛り上げましょう。

【野田 義和 東大阪市長のコメント】
ラグビーワールドカップ2019開幕まであと100日になりました。ラグビーの聖地・東大阪市花園ラグビー場は、選手のぶつかり合う音や息づかいも聞こえ、たまに汗も飛んできます。ぜひ、花園に来てください。みんなでラグビーを楽しんで、大阪を、東大阪をもっともっと明るく元気に盛り上げたいと思います。みなさま、応援よろしくお願いします。

【HANAZONO公式応援ソング『Eh Yo』について】
作詞:KODA KUMI 作曲/編曲:Hi‐yunk (BACK-ON)
リリース日:2019年7月3日 ※配信限定のリリースです。

【倖田來未さんプロフィール】
生年月日: 1982年 11月13日 出身地:京都府
2000年11月『TAKE BACK』にて全米デビュー。2005年、06年にそれぞれ発売したベストアルバムはいずれも200万枚を突破。2007年12月には東京ドームでの単独公演、2010年7月には日本人女性アーティストと しては初となる横浜スタジアム2DAYSのライブを成功させる。国内外のアーティストとコラボレーションを積極的に行う中、写真集やフォトエッセイなど、アーティスト活動のみならずファッションアイコンとしても幅広い活動を行っている。
2019年9月14日より、「滞在型 & 1日で違う演目を2公演」という史上初が2つ揃った超スペシャルなツアー「KODA KUMI LIVE TOUR 2019 re(LIVE)」を開催予定。

(ラグビーワールドカップ2019大阪・花園開催推進委員会 今後の活動予定)
■ファンゾーンイベント
開催期間中はラグビーの魅力を体感できるイベントも目白押しです。出場国の文化や食にふれあえたり、会場の臨場感を楽しめるパブリックビューイングなど、さまざまなファンゾーンイベントを予定しています。
・大阪天王寺公園エントランスエリア「てんしば」
9/21(土)、22(日)、28(土)、10/3(木)、5(土)、13(日)計6日間
・東大阪市花園中央公園野球場
9/20(金)、21(土)22、(日)計3日間

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ