プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

大和証券投資信託委託株式会社

優勝賞金100万円ダービー開催!投資体験アプリ「iFreeタッチ」配信開始

2019年6月12日

大和証券投資信託委託株式会社

優勝賞金100万円ダービー開催!投資体験アプリ「iFreeタッチ」配信開始
~人気イラストレーター「森倉円」さん描き下ろしのキャラクターがコンシェルジュに~

 大和証券グループの資産運用会社である大和証券投資信託委託株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:松下浩一)は、ゲーム感覚ではじめる投資体験アプリ「iFreeタッチ」の配信を、2019年6月に開始します。

 「iFreeタッチ」は、バーチャル・コンシェルジュと一緒に投資を学びながら、お気に入りのファンドに資金を配分でき、「資産をどれだけ増やせるのか?」を楽しめる新感覚の投資体験アプリです。また、7月より、資産の増加率を他のプレーヤーと競い合う「iFreeダービー」を開催します。優勝賞金は現金100万円、他にも上位プレーヤーには高額賞金をプレゼントします。

【アプリの特徴】
①「リーナ」と会話して、投資の知識を学び、知恵を得る
 バーチャル・コンシェルジュとして「リーナ」があなたをサポートします。会話しながら投資を自然に学べ、コミュニケーションをとればとるほどリーナとの親密度が上がります。リーナのキャラクターデザインは、人気イラストレーターの森倉円さんです。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201906117378-O1-0kK9yIb1
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201906117378-O2-eoawPI5X

②気軽にゲーム感覚で投資体験
 アプリでは、お気に入りのファンドに資金を配分でき、誰でも気軽にゲーム感覚で投資体験できます。ファンドは現実の金融市場と連動して値動きするため、実際の投資に近いシミュレーションを楽しめます。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201906117378-O3-o0dwh7s7
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201906117378-O4-gsTwhl5L
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201906117378-O5-c16pJPyS

③「iFreeダービー」に参加して、優勝賞金100万円をゲット
 「資産をどれだけ増やしたか?」を競う「iFreeダービー」では、ランキング上位者に高額賞金をご用意しています。(7月より第1回ダービー開催予定)また、毎日のログインなどで付与されるポイントを使って豪華景品に応募できます。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201906117378-O6-L014I312
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201906117378-O7-GZf01H9F
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201906117378-O8-Bco0GZAu

(※上記は開発時の画面です。実際のアプリ画面と異なることがあります。)

 弊社は、創業以来20年に渡り証券業界をはじめとする金融業界全般に多くのアプリ開発実績を有する「株式会社キーポート・ソリューションズ」と、エンタテイメントコンテンツをはじめとした様々なコンテンツを開発する企画提案型の受託開発専門企業である「株式会社トーセ」と共同で、資産運用会社として業界初のゲーム感覚投資体験アプリを開発しました。
 「投資(investment)を、もっと自由(free)に」の思いを込め、アプリを通じて新たな投資体験を提供し、投資の第一歩を踏み出す人を飛躍的に増やしていきたいと考えています。

▼公式サイト:https://www.ifreeapp.jp/
 7月より開催する「iFreeダービー」のランキング速報や「中の人」のファンド運用実績などユーザーがより気軽に楽しく投資体験できる情報を配信します。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201906117378-O9-Jbxqrm7h

■プラットフォーム:スマートフォン(iOS/Android)
■ジャンル:投資シミュレーションゲーム
■プレイ人数:1人(ネットワークプレイ)
■プレイ料金:基本プレイ無料
■配信日:2019年6月予定
■公式サイト:https://www.ifreeapp.jp/
■公式Twitter(@ifreetouchapp):https://twitter.com/ ifreetouchapp

【イラストレーター 森倉円】
 制服少女を中心に、日常の仕草や季節感のある瞬間を切り取る。キャラクターデザインや書籍の挿画・装画などを手掛け、主な代表作は、バーチャルYouTuber『キズナアイ』キャラクターデザイン、マルイCM・オリジナルアニメ『猫がくれたまぁるいしあわせ』キャラクター原案・デザイン、日本郵便『年賀状トレード』スペシャル年賀状イラストなど。
https://morikuraen.tumblr.com/

【株式会社キーポート・ソリューションズ】
 創業時より証券業界をはじめとする金融業界全般に対して、多重処理や拡張性に優れたオブジェクト技術をベースとしたシステム・アプリケーション開発領域で多くの実績を積み上げています。近年では、ヘルスケア、不動産領域等の特定の成長産業において、デザイン、開発、運用、保守まで一貫したICTサービスを提供しており、特にコミュニケーション・デザイン領域に重点を置き様々なサービス開発に挑戦しています。
https://www.keyportsolutions.com/

【株式会社トーセ】
 ゲームソフトやモバイルアプリをはじめとするコンテンツの企画提案型の受託開発専門企業として、業界随一の実績と国内最大級の開発体制のもと、企画から開発、運営に至るワンストップの開発サービスを提供し、時代に合った皆様に楽しんでいただけるコンテンツをスピーディーに創出することに取り組んでいます。
https://www.tose.co.jp/

【iFreeシリーズ】
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201906117378-O10-XqmN6gSw
 「iFree(アイフリー)」シリーズは、2016年9月に、「投資(investment)、もっと自由(Free)に」の思いを込め、インターネットを利用するお客さまをはじめ、さまざまな投資ニーズに対応するファンドシリーズとして誕生しました。
現在、「iFree」・「iFreeNEXT」・「iFreeActive」・「iFreeレバレッジ」と4つのカテゴリーに分かれ、全26ファンドのバラエティ豊かなラインナップを揃えています。

※ファンドのリスクと費用に関する留意点(金融商品取引法および投資信託協会規則に基づく表示)

●ファンドのリスクについて
 ファンドは、値動きのある有価証券等に投資しますので基準価額は変動します。また、新興国には先進国とは異なる新興国市場のリスクがあります。したがって、投資元本が保証されているものではなく、これを割込むことがあります。信託財産に生じた利益および損失は、すべて受益者に帰属します。投資信託は預貯金とは異なります。リスクの要因については、各ファンドが投資する有価証券等により異なりますので、お申し込みにあたっては、各ファンドの「投資信託説明書(交付目論見書)」をご覧ください。

●大和投資信託が運用するファンドの費用について
 ファンドのご購入時や運用期間中には以下の費用がかかります。ファンドにかかる費用の種類や料率等は販売会社や個々のファンドによって異なります。費用の料率は、大和投資信託が運用する一般的なファンドの料率を表示しております。ファンドによっては換金手数料をご負担いただく場合があります。

直接ご負担いただく費用
・購入時手数料  0 ~ 3.24%(税込)
・信託財産留保額  0 ~ 0.5%
保有期間中に間接的にご負担いただく費用
・運用管理費用(信託報酬)年率 0 ~ 2.5528%(税込)
・その他の費用・手数料

 監査報酬、有価証券売買時の売買委託手数料、先物取引・オプション取引等に要する費用、資産を外国で保管する場合の費用等を信託財産でご負担いただきます。
(その他の費用・手数料については、運用状況等により変動するため、事前に料率、上限額等を示すことができません。)
※手数料等の合計額については保有期間等に応じて異なりますので、表示することができません。
※ファンドにより異なりますので、くわしくは販売会社にお問い合わせください。
※詳細につきましては、「投資信託説明書(交付目論見書)」をご覧ください。

大和証券投資信託委託株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第352号
一般社団法人投資信託協会会員
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

iFreeタッチ
iFreeタッチTOP
ファンド選択画面
資金配分画面
iFreeファンド
iFreeダービー画面
ダービーランキング画面
iFreeポイント画面
公式サイト
ifree

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ