プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社致知出版社

【予約のみで5,500部】 41年の歴史を誇る月刊誌『致知』から、子育てのための人間学本が誕生

2019年6月10日

株式会社致知出版社

創刊41周年、人間学を探求する月刊誌『致知(ちち)』から
母という人生を生きるすべての女性に贈ります。

創刊41年、人間学を探究する月刊誌『致知(ちち)』から
令和の時代の新しい子育て本『母~子育てのための人間学』誕生!

株式会社致知出版社(本社:東京都渋谷区/代表:藤尾秀昭)と申します。
本日6/10発売の書籍『母~子育てのための人間学』関する取材・献本のご案内をお送りします。

予約のみで異例の5,500部突破!!

月刊誌『致知』から生まれた子育てのための人間学決定版「致知別冊『母』」。
どんな時代や環境でも生き抜く力を持つ子に。
そして、周りの人たちから愛される子に、
そんなお子さんを育てたいと思っている、すべてのお母さんに贈ります――。

●『母』ならではのスペシャル対談&インタビューが満載
澤穂希さん(元サッカー日本女子代表)×荒木絵里香さん(バレーボール全日本女子代表)
杉山芙沙子さん(杉山愛さんの母)×吉田幸代さん(吉田沙保里さんの母)

●なぜ今、「母」を出版?
■子育てにも「人間学」を
1)「時間」より「質」が求められる育児の時代に役立つ本を届けたい
ワーキングマザーが増え、子どもと接する時間は必然的に減少。
一方、少子化により子どもへの教育や子育て法への関心はより高まり、
短い時間の中でも「質の高い子育て」をしたいというニーズがあります。
しかし、世の中にはノウハウややり方、時短の本はあれども、
子育ての本質をしっかり伝える本がなかなかなく、
そのニーズにこたえる一冊を創りました。

2)子育てと自分育てに役立つ「人間学」をお母さんたちへ伝えたい
本書の母体は、創刊41年の歴史を持つ、日本で唯一の人間学を探究する月刊誌『致知』。
この月刊誌でも子育てに通じる大切な知恵を学べますが、子育て世代の女性には
ハードルが高いという声がかねてよりありました。どんなに時代が変ろうと、
子育てにおける母の存在の大きさは変わらず、これからの日本を担う子どもたちを
育てる母にこそ、人間学が必要です。
そこで、若い女性でも読みやすく手にとりやすい体裁にし、
子育てに役立つ人間学のエッセンスをコンパクトにまとめました。

●他にはない「母」だからこそのコンテンツ
「子どもの可能性を引き出す子育て」
 杉山芙沙子(杉山愛さんの母)×吉田幸代(吉田沙保里さんの母)
「母という人生を生きて」
 澤穂希(元サッカー日本女子代表)×荒井絵里香(バレー全日本女子代表)
「漢字教育の不思議な力」
 隂山英男(隂山ラボ代表)×土屋秀宇(「母と子の美しい言葉の教育」推進協会会長)
「偉人を育てた母の言葉」
 岡田幹彦(日本政策研究センター主任研究員)×大坪信之(コペル社長)
「子どもの潜在能力を引き出す読み聞かせと子育ての方法」
 ランディー由紀子(チルドレン大学主宰)
「“怒りの感情”と正しく付き合う~アンガーマネジメント」
 島田妙子(児童虐待防止機構オレンジCAPO理事長)
「子どもの脳をいかに守るか」
 友田明美(福井大学子どものこころの発達研究センター教授)  など

つきましては、大変お忙しいとは存じますが、この件につきましてご取材頂き、
報道のお力で多くの方にお知らせいただければ幸いです。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ