プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

NTTレゾナント株式会社

クラウド型検証サービス「Remote TestKit」、Androidの次期バージョン「Android Q」搭載端末を提供開始

2019年6月10日

NTTレゾナント株式会社

クラウド型検証サービス「Remote TestKit」、
Androidの次期バージョン「Android Q」搭載端末を提供開始
https://appkitbox.com/testkit/

 NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:若井 昌宏、以下NTTレゾナント)は、クラウド型検証サービス「Remote TestKit(リモート テストキット)」において、本日よりAndroidの次期バージョン「Android Q(Android 10)ベータ版」搭載端末を提供開始することをお知らせします。
 今回のバージョンアップではユーザーのプライバシー保護に力点が置かれており、開発者は、現在提供中または提供予定のスマートフォンアプリやサービスを、プライバシー保護やセキュリティの観点で新OSに早めに対応する必要があります。今回提供開始する新OSベータ版の搭載端末により、Android Qの正式リリースに先駆けて、いち早く、新OS向けのスマートフォンアプリやサービスの検証が可能になります。

1.Android Q搭載端末提供の概要
(1) 提供機種
・Google Pixel 3
・Google Pixel 3XL
 
(2) OSのバージョン
Android Q Beta 3
※提供するOSのバージョンは、今後アップデートする場合があります。

2.Android Qについて
 Android Q(Android 10)は、2019年夏以降に配信が予定されているAndroid OSの最新バージョンです。今回のバージョンアップではプライバシー保護に力点が置かれており、例えば、「GPS(端末位置情報)へのアクセスは『常に許可、アプリ使用中のみ許可、許可しない』のように詳細にアクセス権限を管理できる」、「クリップボードの情報をバックグラウンドで読み込めなくなる」などのアップデートが予想されています(2019年5月時点当社調べ)。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201906077304-O1-pp9Vp316

3.「Remote TestKit」について
「Remote TestKit」は、スマートフォンアプリやスマートフォン用Webサイトをクラウド上で検証することができる開発者支援サービスです。利用者は実機を購入する必要がなく、クラウド上で約700機種以上のスマートフォン・タブレット端末の動作検証をすることができます。また、複数の端末に自動でテストシナリオを実施する「自動テスト」機能など、開発者を支援する様々な機能があり、担当者の負担を軽減します。

「Remote TestKit」公式サイト:https://appkitbox.com/testkit/

※記載されている会社名、サービス名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

以上

Remote TestKit_ロゴ
イメージ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ