プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社電通デジタル

【電通デジタル】People Driven DMP®とSalesforce Audience Studioの連携によるソリューション提供開始

2019年6月6日

株式会社電通デジタル

電通デジタルと電通、「People Driven DMP®」と「Salesforce Audience Studio」の相互データ連携によるソリューション提供を開始

株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木 禎久、以下、電通デジタル)は、株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博、以下、電通)と共同で、電通グループ独自の統合マーケティングプラットフォームである「People Driven DMP ®※1 」と、セールスフォース・ドットコムが提供するSalesforce Marketing Cloud製品群の一つである「Salesforce Audience Studio ※2 」の相互データ連携によるソリューションの提供を本日より開始します。これにより、顧客のニーズや嗜好を“人”単位でより深く捉え、パーソナライズしたブランド体験を構築し、エンゲージメントを強化していくことが可能になります。

データ管理基盤である「Salesforce Audience Studio」は、自社が保有する1stパーティデータと外部から得られる2nd、3rdパーティデータの統合を可能にし、顧客との関係強化に活用できるプラットフォームです。また同様に、電通グループの「People Driven DMP ® 」は、さまざまなオーディエンスデータや各種メディアの接触データ、購買データ、位置情報データなどを人(People)基点で活用することができるプラットフォームとなっています。
 
今回の取り組みは、これら2つのDMPを相互データ連携させることで、より詳細に顧客のニーズや嗜好を捉え、顧客とのエンゲージメント強化に資する広告配信やデジタルプロモーションを実現することにその狙いがあります。また、両DMPのCookieシンク ※3 により、スムーズかつ高度なマーケティング施策の実現が可能になります。

今後も電通グループは、信頼のあるデータとの相互連携や最新テクノロジーとの連携を推進し、より高度なソリューションを顧客企業に提供してまいります。

※1:People Driven DMP ®
People Driven DMP ® は、PCやスマートフォン由来のオーディエンスデータと、STADIAのテレビの視聴ログデータ、WEB広告接触データ、OOH広告接触データ、ラジオ聴取ログ、パネルデータ、購買データ、位置情報データ等を人(People)基点で活用することができる、People Driven Marketing ® のデータ基盤です。さらなる強化のために、People Drivenパートナーシッププログラムを通じ、「メディア/コンテンツ」「デジタルプラットフォーム」「EC・購買」「パネル/メジャメント」「位置情報」などの各種パートナーと、データやテクノロジーの連携によるビジネス・アライアンスを推進しています。

※2:Salesforce Audience Studio
Salesforce DMPの新名称

※3:Cookieシンク
ウェブサイト訪問時やバナー広告表示の際に割り振られた暗号化されたID(Cookie)を、別のドメインで発行されたCookieに紐づけ、統合・管理すること。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ