プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

エーツーケア株式会社

出産後、約9割のママが除菌・消臭の意識アップ!

2019年6月6日

エーツーケア株式会社

出産後、約9割のママが除菌・消臭の意識アップ!
食卓?おもちゃ?リビング? 出産後、除菌・消臭したいと感じるTOP3を発表
気になる安全性…アルコールは、使いたいけど使いたくない
“除菌・消臭ジレンマ”に!
ANA機内採用、お子様がいる家庭でも安心の除菌消臭剤「A2Care」

除菌消臭剤「A2Care(エーツーケア)」を販売中のエーツーケア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:渡邉 信也)は、ママたちの<除菌・消臭ジレンマ>に関する調査を行いました。

気温や湿度が上がるこれからの季節、小さいお子様がいるご家庭では、室内の除菌・消臭に気を使いたい方が増えるのではないでしょうか。そこで今回は、ママたちの除菌・消臭に関する意識・実態を調査。その結果、「室内の除菌・消臭の必要性」を感じているママが多いこと、さらに除菌・消臭アイテムに関しては効果も安全性も捨てたくないという、<除菌・消臭ジレンマ>が存在していることがわかりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[調査概要]   
・調査対象:
 <事前調査>3歳以下の長子と同居しているママ 1,483名
 <本調査>3歳以下の長子と同居しており、事前調査で出産後、室内の除菌・消臭に対する意識が上がったと回答したママ500名
・調査期間:2019年4月24日(水)~2019年5月7日(火)
・調査方法:インターネット調査(インターネットを通じて、モニターがアンケート専用ホームページから回答を入力)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■約9割のママが出産後、除菌・消臭意識アップ! 除菌・消臭の必要性を感じる人も多数
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
はじめに、事前調査で3歳以下のお子様(長子)と同居していると回答したママ1,483名に対し、出産後、室内の除菌・消臭に対する意識が上がったかきくと、85%のママが「はい」と回答。

約9割ものママが出産を機に除菌・消臭に対する意識が変わることがわかります。
そこで、「除菌・消臭意識が上がった」と回答したママ500名を対象に、その対策についてさらに調査いたしました。まず、除菌・消臭の必要性についてきくと、除菌では97%、消臭では88%のママが「必要性を感じる」と答えています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■食卓?おもちゃ?リビング? 出産後、除菌・消臭の必要性を感じる場所・ものTOP3とは
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
続いて、出産後、室内の除菌・消臭の必要性を感じるようになった場所やものについてききました。すると「除菌」については、1位に「ダイニングテーブル・食卓」「子どものおもちゃ」(同率66%)、3位に「リビング」(58%)となりました。こうした理由からは、お子様がよく触れる場所や口に入れる可能性が高いものに対しては、特に除菌の必要性が高まることがうかがえます。

続いて、出産後、「消臭」の必要性を感じるようになった場所やものをきくと、1位は「オムツ入れ」(67%)、2位は「トイレ・おまる」(51%)、3位は「ゴミ箱」(37%)という結果に。また、「ゴミ箱」と回答した人の中にも、「ゴミ箱の中のオムツのにおいが気になる」という声が聞かれ、特にお子様の使用済みオムツやトイレのにおいが気になるママが多いようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ママの気持ちに変化も!? 約半数が「除菌・消臭しなきゃというストレスを感じている」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
また、除菌・消臭に関する悩みについてきくと、「外出先から室内に戻った時、室内のニオイが気になった経験がある」(75%)という人や「『菌』に関してヒヤっとした経験(子どもがゴミ箱を触った手を舐めているなど)がある」(74%)人は7割超も見られ、日常的な場面で除菌・消臭対策の必要性を感じる人が多そうです。

一方で、「除菌や消臭をしなきゃというストレスを日常的に感じている」(48%)人は約半数。また、「除菌や消臭ができていないことが理由で、家に人を呼ぶことが減った」(26%) 人は約4人に1人と、除菌・消臭対策によって気持ちや行動にネガティブな変化が出るママもいるようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■除菌・消臭対策に「自信あり」は3割未満、アイテム選びに悩みを感じる人も
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方で、その対策についてきくと、「自信がある」(24%)と回答した人は3割にも満たないという結果に。理由をきくと、「色々なものを試すものの、アルコールだけ、塩素系だけ、など不十分なところは出てきていそうだから」(32歳)、「除菌スプレーで本当に除菌できているかわからないから」(36歳)など、除菌・消臭グッズに関する不満が聞かれました。 

そこで、除菌・消臭の方法や除菌消臭剤の選択に困ったことがあるかきくと、約7割が「はい」(66%)と答えており、アイテム選びに悩みを感じる人が多いことがわかります。

この結果を受け、除菌・消臭効果の高い商品の代表といえるアルコール入りのアイテムについて調べました。まず、アルコールスプレーやアルコール入りの除菌シートの購入を検討した経験がある人は87%と約9割(検討経験があり、現在使用:59%、検討経験のみ:28%)。ママたちにとってポピュラーな除菌・消臭手段であることがわかります。

しかしその一方で、「アルコールが使用されている商品は子どもへの影響が気になる」(80%)というママは8割と多数。高い使用意向がある一方で、子どもへの影響を避けたいというママたちの“ジレンマ”が垣間見える結果となりました。

また、アルコール以外の除菌・消臭アイテム全般についても“除菌・消臭ジレンマ”が同様にあるようで、現在使用している除菌・消臭アイテムの不満をきくと、1位は「安全性に不安がある」(36%)となる一方で、2位には「除菌力が低い」「消臭力が低い」(同率22%)が続き、“安全性”と“効果”のどちらも求めたいママたちの気持ちがここでもうかがえる結果に。
最後に、「除菌・消臭効果の高さと安全性のどちらもあきらめたくない」と思うかという質問には、94%が「そう思う」と答えており、こうした“除菌・消臭ジレンマ”に陥りたくないママの意識がわかります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■“除菌・消臭ジレンマ”に陥る前に! 小さなお子様がいるご家庭にもオススメ「A2Care」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回の調査では、出産後、ママたちの除菌・消臭意識が上がること、加えて、効果の高いアイテムを使いたいものの安全性も気になるという、“除菌・消臭ジレンマ”も見受けられる結果となりました。

除菌消臭剤「A2Care」は、99.99%の精製水と0.01%の二酸化塩素でできた、独自技術による新メカニズム水溶液「MA-T」を採用。これによりニオイの原因物質や菌に的を絞って無臭化することに成功いたしました。現在ではANAをはじめとした多くのエアラインで採用され、飛行機やラウンジ内の清掃に役立てられています。

消臭剤で一般的なのは、ニオイの元を芳香剤でコーティングする手法ですが、A2Careは、香りでごまかさず、ニオイの原因菌そのものを除去。結果、ニオイ戻りの心配がありません。また、液自体が無臭のため、スプレーによる混合臭もありません。
様々な第三者検査機関における試験の結果、高い安全性を認証済み。赤ちゃんやペットのいるご家庭など、様々なシーンで、安心してお使いいただけます。今回の調査でママたちが除菌・消臭したい場所やものに挙げられていたリビング、テーブル、おもちゃ、オムツなど、すべてに使用可能です。ぜひお試しください。

▼「A2Care」商品ページ(Amazonからご購入いただけます)
https://www.amazon.co.jp/a2care

▼「A2Care」商品ラインアップ
・A2Careスプレー 希望小売価格 300ml/1,800円(税抜) 100ml/750円(税抜)
・A2Careゲル  希望小売価格 1,700円(税抜)

グラフ1
グラフ2
グラフ3
グラフ4
グラフ5
グラフ6
グラフ7
グラフ8
A2Care
A2Care使用イメージ
A2Care使用用途
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ