プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ダイドードリンコ株式会社

自販機での貸し傘「レンタルアンブレラ」を、リサイクル傘100%で展開へ

2019年6月3日

ダイドードリンコ株式会社

新しい傘は作りません!環境にもやさしい地域貢献
自販機での貸し傘「レンタルアンブレラ」を、
リサイクル傘100%で展開へ
広島県・三重県を追加した18都道府県で展開

 ダイドードリンコ株式会社は、自動販売機(以下、自販機)を活用した地域社会への貢献活動として、急な雨などの際に傘を無償で貸し出す「レンタルアンブレラ」の活動を、2015年10月より大阪市内限定でスタートし、徐々に展開エリアを拡大。これまで計16都道府県で展開してまいりました。
 また2016年より、資源の有効活用、環境負荷低減の観点から、鉄道会社等からご提供いただいた「忘れもの傘」をリサイクルし、当社制作の貸出用傘と併用して活用してまいりました。今年度より更なる環境への配慮を目的に、新たな貸出用傘は制作せず、「リサイクル傘」のみでの展開を目指します。「リサイクル傘」は、近畿日本鉄道株式会社、西武鉄道株式会社、東京急行電鉄株式会社、名古屋鉄道株式会社、西日本旅客鉄道株式会社からご提供いただいた「忘れもの傘」を主に活用いたします。
 展開エリアについては、広島県※1・三重県※2を新たに追加。計18都道府県にある自販機、最大540台での展開を予定しております。
 今後も限りある資源を有効活用し、より継続性の高い地域社会貢献活動として展開してまいります。

※1:当社営業所での展開を予定しております。※2:最大10か所での展開を予定しております。

●「レンタルアンブレラ」のイメージ図

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905317044-O1-ZpAO8XcF

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905317044-O2-0msCbm6b 】 
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905317044-O3-hT5hK8LD

●「リサイクル傘」への活用

①鉄道会社各社の駅や電車での「忘れもの傘」の中から対象となる傘を選定します。
②「忘れもの傘」にステッカーを貼り付けるなどの加工を施し、リサイクル傘を製作します。
③レンタルアンブレラBOXに格納する貸出用傘として活用いたします。

●展開エリアと展開台数

北海道  :北海道(函館市内) <約50台>
関東   :東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・群馬県・茨城県 <約195台>
甲信越  :山梨県・長野県・新潟県 <約40台>
東海   :愛知県(名古屋市内中心)・三重県※ <約50台>
関西/中国:大阪府・京都府・奈良県・和歌山県、広島県※ <約170台>
九州   :福岡県(福岡市内中心) <約35台>

計18都道府県 最大540台

※今年度より展開を開始するエリア

本施策は、継続的な社会貢献活動の実現を目的として設立した当社の「地域コミュニティ貢献積立金」を活用し実施しております。

今後も当社では、「人と、社会と、共に喜び、共に栄える。」をグループ理念に、地域密着型企業として、
豊かで元気な社会づくりへの貢献を目指してまいります。

自動販売機設置イメージ
レンタルアンブレラBOX
リサイクル傘持ち手
レンタルアンブレラ設置状況
レンタルアンブレラ設置状況
レンタルアンブレラ設置状況
レンタルアンブレラ設置状況
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ