プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社ALBERT

ALBERT、データ関連人材育成を目的とした 「データサイエンス共同研究講座」を開設

2019年6月3日

株式会社ALBERT

ALBERT、データ関連人材育成を目的とした
「データサイエンス共同研究講座」を開設

 株式会社ALBERT(アルベルト、本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:松本壮志、以下ALBERT)は、2019年6月3日、国立大学法人 電気通信大学が代表機関を務め、文部科学省 データ関連人材育成プログラムの選定機関として採択を受けた「データアントレプレナーコンソーシアム」のデータ関連人材育成プログラム「データアントレプレナーフェロープログラム」において、「データサイエンス共同研究講座」を開設いたしますので下記の通りお知らせいたします。

 ビジネス・アナリティクス市場規模は年平均13.6%で成長している(出所:株式会社ミック経済研究所)一方、それを支える先端IT人材の不足数は2030年には26.8万人にまで拡大する見込みです(出所:経済産業省及びみずほ情報総合研究所株式会社)。
 そのような中、ALBERTはデータサイエンティスト養成講座が経済産業省の「第四次産業革命スキル習得講座認定制度」に認定される等、データサイエンティスト育成に取り組んでおります。

 この度、ALBERTは、データサイエンスのトップレベル人材を育成することを目的とした「データアントレプレナーフェロープログラム」において「データサイエンス共同研究講座」を開設いたします。
 「データサイエンス共同研究講座」は、「データアントレプレナーフェロープログラム」の受講生を主な対象とした約6ヶ月間のワークショップ形式によるデータ関連人材育成プログラムです。ALBERTの経験豊富なデータサイエンティストがアドバイザーとなり、受講生と共同研究を行います。
 本講座では、大量の画像データから特定の対象・シーンを含むサンプルを抽出する画像検索アルゴリズムの研究や、物体検出における判断根拠の可視化手法の研究、画像認識の精度向上を目的としたデータ拡張を実現する新しい手法の研究等を予定しています。

※「データアントレプレナーフェロープログラム」は、国立大学法人 電気通信大学が代表機関を務め、文部科学省 科学技術人材育成費補助事業 データ関連人材育成プログラムの採択を受けた「データアントレプレナーコンソーシアム」が開講する人材育成プログラムです。ALBERTは、2017年10月より「データアントレプレナーコンソーシアム」に正会員として参画しております。

■「データサイエンス共同研究講座」概要
名  称:「データサイエンス共同研究講座」
開講期間:2019年8月~2020年1月
募集人数:10名
詳  細:https://de.uec.ac.jp/matching_event/

 ALBERTは今後も日本屈指のデータサイエンスカンパニーとして、各産業に実装されるAI開発やデータサイエンティスト育成を通して社会に貢献してまいります。

株式会社ALBERT
当社は、日本屈指のデータサイエンスカンパニー※として、ビッグデータアナリティクス領域において最適なソリューションを提供しています。コアとなるアナリティクステクノロジーを用いた「ビッグデータ分析及びコンサルティング」「AIアルゴリズム開発とシステム導入」「AIを用いた独自プロダクトの提供」等のデータソリューション事業を通じて、より良い社会の実現を目指しております。また、国内においてデータサイエンティストが圧倒的に不足している現状を改善すべく、これまでに培ったノウハウを元に「データサイエンティストの育成支援」を行なうことで、データ活用のプロフェッショナル人材育成に貢献します。
※データから価値を創出し、ビジネス課題の解決を実現するプロフェッショナル集団

【会社概要】
社名:株式会社ALBERT
所在地:東京都新宿区北新宿2-21-1
TEL: 03-5937-1610
FAX: 03-5937-1612
設立日:2005年7月1日
代表者:代表取締役社長兼CEO 松本壮志
証券コード:3906(東京証券取引所マザーズ)
事業内容:データソリューション事業
     ・ビッグデータ分析
     ・分析コンサルティング
     ・AIアルゴリズム開発とシステム導入
     ・AIを用いた独自プロダクトの提供
     ・データサイエンティストの育成支援
U R L:https://www.albert2005.co.jp

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ