プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

有限会社アルデンテ・ミュージック・トーキョー

「脳活ピアノ(R)振興会」、6月6日「楽器の日」に活動スタート

2019年5月31日

有限会社 アルデンテ・ミュージック・トーキョー
脳活ピアノ(R)振興会

「脳活ピアノ(R)振興会」、6月6日「楽器の日」に活動スタート。(一社)全国楽器協会 主催「楽器で脳活!」キャンペーンを皮切りに始動

                            
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905307021-O1-q0FPf2Si

「脳活ピアノ(R)振興会」が活動開始
【概要】
有限会社アルデンテ・ミュージック・トーキョー(本社:東京都、代表取締役:重野知央)が運営幹事を務める任意団体 「脳活ピアノ(R)振興会」が、「6月6日楽器の日」*から活動を開始します。

皮切りとなる活動は、日本最大の楽器関連組織である一般社団法人 全国楽器協会(本部:東京都、会長:中田卓也/ヤマハ株式会社 )が主催するキャンペーン「楽器で脳活!」(6月6日〜7月31日)への企画参加です。

現在、全国楽器協会との施策を始め、医療系学会や音楽関連団体との連携等も予定しており、将来的には法人化も視野に入れた活動を行ってまいります。ピアノや楽器に新たな価値を付加し、生活へのより深い浸透と、社会への貢献を目指します。
*「楽器の日(6月6日)」は、1970年に全国楽器協会(現:一般社団法人全国楽器協会)が設立した記念日

                          
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905307021-O2-33SFvk57

エビデンスの探求と、高齢化社会への貢献
【設立趣旨】
ピアノの演奏は単に脳を活性化するだけでなく、「健康寿命」も延ばす可能性が高いこと、さらに幼児や児童の
 「育脳」にも効果が期待できることなどが最近の研究で明らかになって来ました。

とはいえ、そのエビデンスは未だ本格探求される機会が少ないのが現状です。

当会は、ピアノ演奏と健康の関係を、基本原理とフィロソフィー、エビデンスを伴った方法で探求し、「健康習慣」としてのピアノ演奏を、実践・普及させることを目標としています。
そしてピアノや楽器演奏の新たな可能性を探求し、健康を通じて社会へ貢献することを最大の目的とします。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905307021-O3-GO9bF12M

多様な分野の交流を促進
【運営方針】
活動開始当初は運営幹事を弊社が担当し、医師・医学博士・東北大学加齢医学研究所 教授 / 瀧靖之氏や,
ピアニスト/蔵島由貴氏 等が常任幹事を務めます。今後はさらに、認知心理学、コーチングなど、多様な分野との交流を図りながら、随時会員の募集・増加を図ります。
                               
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905307021-O4-g3Hp6Ci5
「楽器で脳活!」キャンペーンの概要

当会が参画した、(一社)全国楽器協会主催「楽器で脳活!」キャンペーンの概要は以下の通りです。
◾️期間:6月6日〜7月31日  *講演コンサートは年内開催予定

◾️概要:全国300以上の楽器店、音楽教室にて実施

   ◆「楽器は健康寿命を延ばす!」(講演&コンサート) 全国開催予定 
             /出演:東北大学加齢医学研究所 瀧靖之教授・ピアニスト 蔵島由貴 氏 
  
    ・ヤマハミュージック銀座店ヤマハミュージック大阪なんば店、を皮切りに、全国にて開催予定

   ◆「楽器で始める♪脳活&育脳 BOOK」(小冊子)の全国楽器店での配布

   ◆「脳医学の権威へのインタビュー 映像集」
    「ピアニストが教える、蔵島由貴流、楽器の始め方のコツ・続け方のコツ」 等の映像配信

   ◆ 「ワンポイントレッスン」ガイド作成    等。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905307021-O6-YHHK4VY6
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905307021-O5-SQeMBa3j

 脳活ピアノ

 

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ