プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ESR株式会社

物流施設内託児所「バーンクラブ市川」6月3日 オープン・ESRとして初稼働

2019年5月30日

ESR株式会社

ESRのディストリビューションセンター内に託児所オープン 
-雇用確保と女性の社会参画支援に向けて-

ESR株式会社(代表取締役:スチュアート・ギブソン、本社:東京都港区虎ノ門、以下ESR)は
ESR市川ディストリビューションセンター内託児所として
「BARNKLÜBB(バーンクラブ) ICHIKAWA」の運営を6月3日より開始いたします。

この度、ESR市川ディストリビューションセンターに併設された託児所「BARNKLÜBB ICHIKAWA」(以下バーンクラブ市川)が、ESRの託児所として初めて稼働いたします。
バーンクラブ市川の運営は保育事業運営サービスの株式会社ジョイサポ(以下ジョイサポ)に委託します。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905306986-O1-dZpm1263
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905306986-O3-13JgI3Go
■「BARNKLÜBB ICHIKAWA」設立の思い■
ESRは「HUMAN CENTRIC DESIGN.(人を中心に考えたデザイン)」を基本理念に物流施設を開発しており、テナント企業様の運営に必要条件である、十分な雇用の確保という課題に対してESRが打ち出す施策の一つとして、弊社施設の利用者が快適で弊社施設内で働くことを誇りに思う環境作りとスペースの提供に力を入れてきました。
子育て世代の女性の社会参画を促し、現在の社会課題である保育所待機児童問題の解決に少しでも寄与したいと考え、弊社代表スチュアート・ギブソン(スコットランド出身)が英国・ロンドンのプリスクールBARNKLÜBB(バーンクラブ)の方針に共感し、ESRの施設内託児所で当ブランドを使用する業務提携をし、2016年11月に竣工した「レッドウッド南港ディストリビューションセンター1」以降、延床10万㎡の物流施設に託児所を設置してまいりました。
こうした環境を整えることで、働く意欲の向上や継続的な就労、就労人数の安定化へと良い循環を生み出し、物流施設に人が集まる流れを作り出すことを見込んでいます。
弊社施設で働く方のお子様も弊社にとって大事な存在であり、働く方が集うデザイン性の高い快適なラウンジなどと同様にお子様のためにも質の高い託児所環境を整えてお迎えいたします。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905306986-O2-Znk47c2g
■内容・特徴■
バーンクラブ市川のデザインは木の素材をふんだんに使用し、アーチ形に小さくくりぬかれた通路、滑り台、緑豊かな遊び場など、お子様の創造力を豊かに育むデザインを保育室や遊び場の設計に盛り込んでおります。
弊社テナント企業様にお勤めの方のお子様(0~5歳)を対象とし、運営は質の高い保育と親御様への支援活動にも定評があるジョイサポに委ねます。
外国人英語講師によるクオリティの高い幼児英語教育、工作・読み聞かせ・リトミックなど幅広い教育カリキュラム、年間を通じて工夫を凝らした楽しいイベントがあり、お子様は充実した保育時間を過ごす事ができます。また、当施設で働く親御様の負担軽減のため、寝具やおむつの用意、寝具のクリーニング、手作りの給食・おやつの提供などきめ細かなサービスが保育料に含まれております。管理面では、職員への安全に対する意識付けを常に行って安心と安全を担保します。定期的な行政による立ち入り調査で、管理体制、現場の安全性などが確認されますが、ジョイサポが運営する保育施設は評価点が非常に高く、行政から「適合証明」の保育所として評価されています。
運営形態は認可外保育所で独立採算型です。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905306986-O5-DBXnP13m
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905306986-O4-4HJzM0u0
■保育料について■
「月極フリーコース(※1)」で週5日間、1日8時間の範囲内で自由に利用できます。自治体の補助金(※2)を利用することで、保護者の保育料負担が「実質0円」となるよう、保育料を設定しております。
入会金・給食代・おやつ代・オムツ代・連絡帳代・寝具等のクリーニング代・延長保育料など、多くの保育所で別途費用負担を求める項目をバーンクラブ市川では無料にいたします。

(※1)バーンクラブ市川の保育料(月額)
        2019年10月まで /2019年10月以降
0・1・2歳児: 21,000円 / 21,000円
3・4・5歳児: 10,200円 / 37,000円

(※2)補助金は居住自治体により異なります。2019年10月から幼稚園や保育所に通う3~5歳の全ての子供と、保育所に通う0~2歳の住民税非課税世帯の子供について、利用料が無料となることが閣議決定され、この制度を利用します。バーンクラブ市川は認可外の保育施設なので補助金は「一部補助」対象ですが、料金は当面、現行の補助金限度額内に設定し、2019年10月に改定予定です。また、就労先のテナント企業様に就労証明書(64時間/月 以上)を発行してもらえる事が条件となります。

■今後の展開■
主要三都市(首都圏、関西圏、中部圏)にある、託児所を備えたESRディストリビューションセンターでもESRの託児所「BARNKLÜBB」を順次始動させていく予定です。

■コメント■
ESR(株) 代表取締役 スチュアート・ギブソン 
この度、株式会社ジョイサポ様のご協力により、バーンクラブ市川をESRの託児所として初稼働できますことを大変嬉しく思っております。親御様は、お子様が楽しく遊ぶ姿を思い浮かべ、安心した豊かな気持ちで業務に取り組んで頂けると思います。お子様にとってもバーンクラブ市川での時間が幸せな記憶となることを願っております。我々は今後も働く人にやさしい物流施設を追求してまいります。

BARNKLÜBB創業者 Eva Linderholm(エヴァ・リンダ―ホルム)氏
私は2012年に英国・ロンドンでBARNKLÜBBの運営を開始しました。私には2人子供がいるのですが、当時まだ小さく、どのような活動が子供たちにとって良いかを模索していましたが、質が高く、楽しい活動を子供たちに提供するところが概して不足していること、そして多くの親が同様に感じていることを知りました。さらに追求していく中で、6ヶ月から6歳までの乳幼児たちに芸術や音楽、ガーデニングクラスを提供できる素敵な場所と素晴らしい教師チームに出会いました。そのような機会は子供たちにとってとても素晴らしい教育になると確信し、我々はそれをプログラムにした教育メソッドのフルタイムのプリスクールを設立することを決心し、現在に至ります。スチュアート・ギブソン氏との出会いからESRとの業務提携が実現し、この度BARNKLÜBBブランドが日本において幕を開けることを大変嬉しく思います。

(株)ジョイサポ 代表取締役 山田加代子様 
大きな物流施設内での託児所運営は弊社としても初めての取り組みとなります。荷物が積載されたトラックが24時間行き来をする場所での保育という環境を鑑みて、お子様の安全を最優先に考えた保育をいたします。開放感のある施設内で、常駐する外国人スタッフが子供達に寄り添うことで、グローバルで先進的な保育環境を形成し、同時に子育てと仕事の両立支援に向け親御様の利便性に重点を置いた運営を行っていきたいと考えております。

【BARNKLÜBB ICHIKAWA基本情報】
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905306986-O7-JTCv11Tm
□所 在 地 :千葉県市川市二俣678-55 ESR市川ディストリビューションセンター北棟1階
□開園時間 :平日(月-金)8:00-19:00 
□延床面積 :121㎡(36.6坪)
□ 定 員   :19名 (6/3開園時:8名予定)
□スタッフの人数:保育士3名、調理員1名、保育補助1名、外国人講師1名(保育士の人数は園児数や年齢によって変動します)

※「BARNKLÜBB」の「Ü」の掲載が難しい場合、「BARNKLUBB」「バーンクラブ」と表記ください

内観1
内観2
外観1
滑り台
ジョイサポ
外観2
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ