プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

NTTレゾナント株式会社

【検索データで振り返るGW10連休】「ゴールデンウィーク」と併せて最も検索されたキーワードは「銀行」

2019年5月30日

NTTレゾナント株式会社

検索データで振り返るGW10連休
「ゴールデンウィーク」と併せて最も検索されたキーワードは「銀行」
https://ranking.goo.ne.jp/good/5940/

 NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:若井 昌宏、以下NTTレゾナント)が運営する「goo+dランキング(グッドランキング)」は、ポータルサイト「goo」のアクセスログと株式会社NTTドコモが運営する「dメニュー」の公開データを用いて、ユーザーの興味・関心を分析しています。
 今回は「dメニュー」の検索ログから2019年のゴールデンウィークを分析。「ゴールデンウィーク」と併せて検索されたキーワードをランキング形式で紹介します。また、ゴールデンウィークにおける旅行の計画についても検索ログから分析しています。

1.「ゴールデンウィーク」と併せて検索されたキーワード(調査期間:2019年4月1日~2019年5月9日)
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905296945-O1-6X3th6BU
 「ゴールデンウィーク」と併せて検索されたキーワードの1位は「銀行」となりました。ゴールデンウィーク前から全国銀行協会が口座の引き落としなどについて10連休中の留意点を発表し、話題となっていました。また、ゴールデンウィーク前日の4月26日には都内ATMでの一時的な現金不足が発生し、ニュースにもなりました。

2.キーワード「旅行」を含む検索数の推移(調査期間:2019年4月1日~2019年5月9日)
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905296945-O2-Pbc4j16p
 キーワード「旅行」を含む検索数の推移を見ると、日曜日に検索数が上がっていることが読み取れます。調査期間中に最も「旅行」が検索されたのは4月14日。ゴールデンウィーク2週間前の日曜日に旅行の計画をしていた人が多いのではないかと考えられます。また、ゴールデンウィーク最終日である5月6日にも「旅行」の検索数が急上昇しています。この結果を踏まえると、ゴールデンウィーク最終日に次の旅行先を決めていた人が多くいたのではないかと推測できます。

3. 「goo+dランキング」について(https://ranking.goo.ne.jp/good/)
 「goo+dランキング」は、「膨大なログデータから世の中を見ると、発見、驚き、笑いがみえてくる」を合言葉に、ユニークな切り口でユーザーインサイトを読み解く情報サイトです。「goo」が持っているアクセスログと「dメニュー」の公開データから、コンテンツごとのユーザーの関心を読み解き、世代や属性別などの新たなトレンドの発見を提供します。

4. 「goo旅行」について(https://travel.goo.ne.jp/)
 国内・海外旅行・ツアーや宿泊予約ができる旅行比較サイト「goo旅行」では、現在「国内夏休み特集2019」を公開しています。7月の3連休や8月のお盆のカレンダーから空き室検索することができます。また、夏休み・お盆休み旅行におすすめの宿泊プランをまとめて紹介しています。
  国内夏休み旅行特集2019:https://travel.goo.ne.jp/special/jp_summer/

※記載されている会社名、サービス名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

「ゴールデンウィーク」と併せて検索されたキーワード
キーワード「旅行」を含む検索数の推移
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ