プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

KDDI株式会社

これまでより避難行動につなげやすい情報配信サービス「登録エリア災害・避難情報メール」の提供開始

2019/5/28

KDDI株式会社/沖縄セルラー電話株式会社

国土交通省推進「逃げなきゃコール」対応サービスとして
「登録エリア災害・避難情報メール」の提供開始
~遠隔地域の災害・避難情報を受け取り、家族・知人への避難誘導を可能に~

KDDI、沖縄セルラーは、2019年7月4日より、国土交通省が推進する取り組み「逃げなきゃコール」の主旨に対応した情報配信サービスとして、あらかじめ登録した地域における「災害・避難情報」の配信情報を受け取り、離れた場所に暮らすご家族などの避難誘導につなげることができる「登録エリア災害・避難情報メール」(以下、本サービス)の提供を開始します。

 「災害・避難情報」は、緊急地震速報や津波警報などと同様に特定のエリアにメッセージが一斉に配信される
「緊急速報メール」の一つで、各地方自治体が発信する大雨による河川氾濫などの災害に関する情報や避難勧告、避難指示などの住民の安全に関わる情報です。

本サービスは、「災害・避難情報」が配信対象外の場所にお客さまがいた場合でも、あらかじめau携帯電話番号と対象地域を登録しておくことで、登録していた地域へ「災害・避難情報」が発信された際に、スマートフォンや「ガラケー」と呼ばれる携帯電話のSMS(ショートメッセージサービス)で、その通知を受けることができるサービスです(注1)。特に、避難をするかどうかの判断がしづらいとされる高齢者の逃げ遅れによる被害を減らすため、遠隔地域に住むお子さまが、ご両親の住む地域の避難情報をいち早く把握し、避難を勧める連絡を入れるなどの行動を想定しています。

「逃げなきゃコール」とは、「平成30年7月豪雨」を踏まえ国土交通省が設置し、KDDIもメンバーとして参加する「住民自らの行動に結びつく水害・土砂災害ハザード・リスク情報共有プロジェクト」の取り組みの1つであり、離れた場所に暮らす高齢者などの家族に危険が差し迫った場合に、家族が直接電話をかけて避難行動を呼びかけるものです。
<国土交通省「逃げなきゃコール」情報サイト
http://www.mlit.go.jp/river/risp/policy/33nigecall.html

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905286857-O1-3WO5qdy6
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905286857-O2-62eU83TC

■「登録エリア災害・避難情報メール」の概要
1.概要
あらかじめWebページ上でau電話番号と配信を希望する地域を登録しておくことで、対象地域に「災害・避難情報」が配信された際に、SMSで情報を受け取ることができることが出来るようになります。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905286857-O3-na9K7uum
<「登録エリア災害・避難情報メール」(イメージ)>

2.提供開始日
 2019年7月4日

3.登録方法
Web登録画面にて、スマートフォンやパソコンから登録することができます。(注2)
 https://www.au.com/mobile/anti-disaster/area-saigai-hinan/

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905286857-O4-1vmJx8Ya
<WEB登録画面(イメージ)>

3.対応機種
auのスマートフォン・携帯電話

4.利用料金
月額使用料 無料

(注1)au災害用伝言版の「災害関連情報」に掲載許可を頂いている自治体の情報が配信されます。
(2019年5月28日時点、1788団体中1732団体)
(注2)登録には3G ケータイは利用できません。パソコンなどからの登録をお願いします。
                                                                                                                                                   以 上

<「登録エリア災害・避難情報メール」(イメージ)>
<「逃げなきゃコール」ポスター(イメージ)>
<WEB登録画面(イメージ)>
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ