プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

台湾貿易センター東京事務所

世界最大級のICT展示会「COMPUTEX 2019」本日開幕

2019年5月28日

台湾貿易センター

世界最大級のICT展示会「COMPUTEX 2019」本日開幕
一新された展示会がテクノロジーエコシステムにビジネスチャンスをもたらす

台湾貿易センター(TAITRA)は本日、世界最大級のICT展示会「COMPUTEX 2019」が本日より開幕することに先駆け、5月27日、台北国際会議センターにて国際記者発表会を開催しました。本展示会は、AI&IoT、5G、ブロックチェーン、イノベーション&スタートアップ、そしてゲーミング&XRの5つにフォーカスし、5月28日から6月1日まで5日間、昨年を約10%上回る1,685社、5,508ブースが出展して開催されます。

基調講演にはAMDのリサ・スー氏が登壇し、最新トレンドを紹介
発表会では、AMDのプレジデント兼CEOであるリサ・スー(Dr. Lisa Su)氏を招いて「次世代のハイパフォーマンス・コンピューティング」と題した基調講演を行い、高性能コンピューティング技術の開発が、コンピューティングと産業の革新をどのように推進するかについて語りました。リサ・スー氏は講演の中で、今後の製品の詳細を明らかにするとともに、台湾のエコシステムパートナーを紹介し新たなハイパフォーマンス・コンピューティングシステムを構築するための鍵であるとし、画期的な技術を新たなレベルまで引き上げるとしています。

台湾貿易センターのPresident & CEO葉明水(よう めい すい)は、次のように述べています。「2018年、世界経済フォーラムは『スーパーイノベーター(超革新者)』として台湾を、ドイツ、アメリカ、スイスと並ぶ4カ国のひとつに挙げました。これは、国際社会が、技術産業と市場における台湾の革新的な力を認めたことを証明しています。台湾貿易センターは、台湾が世界中のイノベーターのための主要なコミュニティになることができるよう、イノベーションを促進することを約束してきました。COMPUTEXは、技術交流とコラボレーション、革新的思考、そしてリソース統合のための包括的なプラットフォームを提供するために、グローバルとローカルのリソースの相乗効果を生み出すことを目標としています。今年はInnoVEXの範囲を拡大することに加えて、台湾の産業とグローバルのリソース間の関係をより強く築くことによってイノベーションに貢献していきます。ICT業界のグローバルパートナーと共にCOMPUTEXは世界を変革していきます」。

展示会初日となる5月28日にはIntelのシニアバイスプレジデント兼クライアントコンピューティンググループのゼネラルマネージャーであるGregory M. Bryant氏による基調講演が行われます。データ中心の世界で、いかに業界のパートナーとスマートコンピューティングに転換していくかを紹介します。展示会2日目の5月29日には、17年間連続開催されている「Microsoft Keynote Forum」を開催します。その中で、Microsoft コーポレートバイスプレジデントのNick Parker氏が登場し、世界最先端のIntelligent CloudとIntelligent Edgeの発展トレンドについて紹介します。

多くの注目を集めているCOMPUTEXフォーラムとInnoVEXフォーラムは、「Pervasive Intelligence」と「世界の新しいトレンドから、台湾の将来を見据える」をメインテーマとしています。グローバルなテックジャイアントとイノベーターが結集し、トレンドの分析、将来のビジネスチャンス、そして国際的なコラボレーションについてのアイデア交換に繋げます。3日目の5月29日には、COMPUTEXとして初めて「第6回台北5G国際サミット」が同時開催され、国内外の産官学の専門家を誘致し、5G技術と革新的なアプリケーション、そして市場の発展のチャンスに関する議論が行われます。

COMPUTEX 2019の5大テーマ:先端技術のビジネスチャンスを提供
COMPUTEX 2019は、AI&IoT、5G、ブロックチェーン、イノベーション&スタートアップ、そしてゲーミング&XRの5つにフォーカスし、台北南港展示センター展示ホール1&2(TaiNEX1&2)、台北世界貿易センター(TWTC)第1展示ホール、および台北国際会議センター(TICC)で開催されます。サイバーセキュリティ&ビデオ・サーベランス(動画監視)エリアでは、最新のコンピュータ映像技術と市場機会について展示されています。今年のInnoVEXは、昨年比20%以上増加の出展社数を擁し、ディスプレー、コンテスト、そして機会創出のためのスペースを拡大し、台北世界貿易センター(TWTC)第1展示ホールに移転して開催されます。また、チャリティーeスポーツイベント「ZOTAC CUP Fight for Charity League of Legends Tournament」がCOMPUTEXで初めて開催されます。

COMPUTEX 2019は、5月28日から6月1日まで、InnoVEXは5月29日から5月31日まで開催されます。世界中の出展者、バイヤー、および関連業界の専門家とともに、将来のテクノロジーエコシステムを実証し、新たなビジネスチャンスを提供します。 

■詳しい情報
COMPUTEX2019日本語サイトはこちら
InnoVEXフォーラムの参加申し込みはこちら

■COMPUTEXについて
1981年以来、30年以上にわたりICT産業の成長と共に、業界の変動そして成長を続け、アジア最大の見本市へと成長を遂げることができました。世界のICT産業サプライチェーンを完備し、世界のテクノロジーエコシステムを創るという目標のもと垣根を超えたビジネスアライアンスの構築を目指しております。

■台湾貿易センター(TAITRA=Taiwan External Trade Development Council)について
台湾貿易センターは、1973年に東京で日本事務所設立以来、台日間の貿易促進、パートナーシップの強化を目指し、年間20以上の日本市場開拓ミッションを招いているほか、数多くの見本市へ出展し、日本、台湾間の貿易の振興を図っております。また台湾企業の国際競争力の強化と世界市場への進出を手助けし、同時に外国企業に対しても台湾での市場拡大をサポートしています。このような活動を通して、台湾製品をより多くの皆様に知っていただけるよう、日々たゆまぬ努力を続けています。

【報道関係者からのお問い合わせ先】
台湾貿易センター東京事務所COMPUTEX担当  林 冠芝(りん かんし)
TEL: 03-3514-4700  E-mail:lin@taitra.gr.jp

【COMPUTEX広報事務局】 
共同ピーアール株式会社  担当:深澤、干場、亀田
TEL: 03-3571-5176  E-mail: computex-pr@kyodo-pr.co.jp

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ