プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

ダイドードリンコ株式会社

徳島市と包括連携協定を締結~「阿波おどり」を中心として徳島市の「地域活性化」で連携~

5月24日

ダイドードリンコ株式会社

徳島市との包括連携協定の締結について
~「阿波おどり」を中心として徳島市の「地域活性化」で連携~

 ダイドードリンコ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:髙松富也)は、徳島市と阿波おどりを核とした「地域活性化包括連携協定」を5月23日(木)に締結いたしました。
 当社は、2003年より“祭りを通じて地域の絆作りや活性化に役立ちたい”という想いから始まった活動「ダイドードリンコ日本の祭り」などで、阿波おどりを継続的に応援してまいりました。今回、当社と徳島市が連携を強化し、更なる地域活性化を実現することを目的に本協定を締結いたしました。
 今年度は、徳島市の観光キャンペーンとタイアップし、岡山県内での番組『阿波おどり』の試写会や、大阪府・徳島県の交通災害遺児を阿波おどりに招待する「徳島“元気”充電プロジェクト」などの実施を予定しております。
 当社では、本協定を通じて阿波おどりPRアンバサダーとして徳島市との連携・協働を促進し、徳島市の活性化はもちろんのこと、日本全国の祭りが持つ“地域活性化の可能性”を発信してまいります。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905236740-O4-ZJwKh109

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905236740-O5-2scLEZ7U

徳島市役所で行われた包括連携協定締結発表式の模様
写真左: 当社取締役執行役員 長谷川 直和 写真右:徳島市 遠藤 彰良市長

●連携事項

当社は、以下の事項を目的とし、阿波おどりPRアンバサダーとして様々な取り組みを実施いたします。

・阿波おどりを中心とした観光振興
・徳島市の魅力発信
・市政情報の発信
・その他、地域の活性化及び市民サービスの向上

●今年度の主な取組み

・6月2日(日):徳島市観光キャンペーン企画『阿波おどり~立派な“阿呆”になりました~県外出身者の天水たち』を岡山県で上映会を開催
イオンシネマ岡山において「ダイドードリンコ日本の祭り」の2009年作品である『阿波おどり~立派な阿呆になりました~県外出身者の天水たち』(制作:四国放送)の上映会を開催いたします。また当日は、徳島市観光キャラバン隊として有名連より選抜した連員で構成される“選抜阿波おどり連”による「演舞披露」を予定しており、岡山県の皆さまに阿波おどりの魅力をお届けいたします。

・8月15日(木)~17日(土):「徳島“元気”充電プロジェクト」の実施
交通災害遺児を徳島に招待し“阿波おどり体験”や徳島の自然・人との触れ合いの機会を提供し、子ども達と地元徳島の方達の双方に元気を充電してもらうというオリジナル企画です。※本企画は、トヨタカローラ徳島・公益財団法人大阪交通災害遺族会との共催、徳島市・阿南市・徳島県の後援で実施いたします。

・9月以降:「ダイドードリンコ日本の祭り」において新たな番組制作と放送
「ダイドードリンコ日本の祭り」において、阿波おどりの魅力を紹介する新たなドキュメンタリー番組を制作し、9月頃に徳島県内で放送(制作・放送:四国放送)。2020年にはBS12 トゥエルビにて全国放送、またTOKYO MXにて首都圏での放送を予定しております。

今後も当社では、「人と、社会と、共に喜び、共に栄える。」をグループ理念に、
地域密着型企業として、豊かで元気な社会づくりへの貢献を目指してまいります。

徳島市役所で行われた包括連携協定締結発表式の模様
徳島市役所で行われた包括連携協定締結発表式の模様
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ