プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

公益社団法人日本フィランソロピー協会

アメリカン・エキスプレス・リーダーシップ・アカデミー2019 東京

2019年5月23日

公益社団法人日本フィランソロピー協会

日本のNPO次世代リーダーのための合宿研修
「アメリカン・エキスプレス・リーダーシップ・アカデミー2019」開催
~地域にある様々な資源を活用し、連携して解決に向かうために~

公益社団法人日本フィランソロピー協会(東京都千代田区/会長:浅野史郎、理事長:高橋陽子)とアメリカン・エキスプレス財団(米国ニューヨーク市)は、全国のNPO職員を対象とした宿泊型研修プログラム「アメリカン・エキスプレス・リーダーシップ・アカデミー2019~NPOの次世代リーダー育成プログラム」を、5月30日(木)から6月1日(土)の日程で開催いたします。
3日間の研修カリキュラムは、日本におけるイノベーション研究の第一人者である米倉誠一郎・法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科教授によってNPO向けに設計された独自のもので、これからの私たちの社会における課題解決に大きな役割を果たす非営利セクター(NPOやNGOなど)の次世代リーダーのリーダーシップ育成と、地域や活動分野を超えたネットワーキングと協働推進の2つを目的としています。
2009年に開始した本研修はこれまで373名の研修生が参加しました。今回の30名が加わり、そのネットワークは39都道府県403名に拡大する予定です。11年目を迎えた今回のプログラムでは、「地域資本(Community Capital)」という新たな視点を基にプログラムを構成し、参加者が自らの使命や役割を再認識し、豊かで活力ある地域づくりの担い手としてリーダーシップを発揮できるような研修を実施いたします。
公募および中間支援組織等からの推薦を経て選考された30名の研修生は、リーダーシップやビジネス・スキルを学ぶほか、5つのグループに分かれて、国連のSDGs(持続可能な開発目標)が目指す「誰も取り残さない社会」を実現するための革新的なプロジェクトを企画せよ」という課題に取り組みます。最終日には、審査員の前で各グループが発表プレゼンテーションを行ないます。

総合監修 米倉 誠一郎氏 撮影:御厨慎一郎
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ