プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社サートプロ

いま必要なアジャイル開発 『アジャイル検定レベル2開発チームメンバー試験』 2019/6/7 全国でスタート

2019/5/23

アジャイルソフトウェア開発技術者検定試験コンソーシアム 検定運営事務局(株式会社サートプロ)

いま必要なアジャイル開発『アジャイル検定レベル2開発チームメンバー試験』
2019年6月7日(金曜日)全国でスタート
★レベル2試験開始キャンペーン第一弾 実施します★

アジャイルソフトウェア開発技術者検定試験コンソーシアムは、アジャイル開発
チームのメンバーのための「アジャイル検定レベル2開発チームメンバー試験」の予約を開始しました。

アジャイル開発のスキルを客観的尺度で分析・判定するのが、アジャイルソフトウェア開発技術者検定試験です。
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)から今月発表されたように、変化が激しく、物事の予測がたてにくい複雑・不確実なSociety5.0時代においては、アジャイル開発の必要性が高まっています。
https://www.ipa.go.jp/files/000073019.pdf

2018年7月から全国で受験できるようになった「レベル1試験」は、約1,000名の方が受験していますが、より高度なスキルを持つ方のために、2019年6月7日(金)より、いよいよ「レベル2開発チームメンバー試験」がスタートします。
レベル1試験の詳細 >> http://agilecert.org/test/requirements/

「アジャイル検定レベル2開発チームメンバー試験」は、開発チームのメンバーがプロジェクトに入る前に必要とされる実践的な内容になります。
出題内容(レベル2開発チームメンバー試験)はこちらでご確認ください。 http://agilecert.org/news/20190523/

【試験時間および出題形式(レベル2開発チームメンバー試験)】
試験名称 アジャイル検定レベル2開発チームメンバー試験
試験時間 60分 (守秘義務契約およびアンケートは別)
受験資格 アジャイルソフトウェア開発技術者検定試験Lv.1に合格していること
 ※まだアジャイルソフトウェア開発技術者検定試験Lv.1に合格されていない場合、Lv.1とLv.2両方に合格された後に、Lv.2合格証明書が発行されます。
出題形式 多肢選択式 (四肢択一)40問
出題内容 「出題範囲」を参照してください。
評価方法 65%以上合格

【受験料】
試験種類 アジャイル検定レベル2開発チームメンバー試験
受験料 15,000円(税別)

学習参考資料など >> http://agilecert.org/test/edu/
申込みサイト >> http://it.prometric-jp.com/testlist/agile/index.html

■レベル2試験開始キャンペーン第一弾を実施します
特設サイトから、レベル1試験に10名以上で受験申込みをされた先着10社様に、『アジャイル検定 公式テキスト』10冊、または「レベル2開発チームメンバー試験」受験チケット1名分をプレゼントします。
※『アジャイル検定 公式テキスト』リックテレコム発行(136ページ)1,800円(税別)
※ 限定10社、『アジャイル検定 公式テキスト』は限定100冊
特設サイト >> https://forms.gle/Y2rUDRBYF9AnjGjM6
申込期限:2019年7月5日(金)17:00まで

■アジャイルソフトウェア開発技術者検定試験コンソーシアムについて
・ホームページ:http://agilecert.org/
・設立年月日: 2014年12月11日
・所在地:東京都渋谷区代々木1-55-2 大和ビル5階(株式会社サートプロ内)
・設立趣意:
アジャイル開発技術者の育成、技術者スキルの証明として、アジャイルソフトウェア開発技術者検定試験の本格運用を行っていきます。アジャイル開発に精通するソフトウエアベンダー企業やSIerなど、コンソーシアムの趣旨に賛同頂ける企業への参加を呼び掛け、検定運営の維持・普及を目指します。
・代表 長瀬 嘉秀 (株式会社テクノロジックアート 代表取締役)

*記載されている社名、団体名および製品名は、各社、各団体の商標または登録商標の場合があります。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ