プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

GRANDIT株式会社

GRANDIT AWARDを発表

2019/5/22

GRANDIT株式会社

GRANDIT AWARDを発表
~進化系ERP「GRANDIT」を支えるパートナー企業を表彰し、
    更なる成長をめざす企業を支援~

 GRANDIT株式会社(本社 東京都渋谷区 代表取締役社長 石川 研一、以下GRANDIT社)は、5月21日に開催した「GRANDITコンソーシアム パートナー会」に於いて、GRANDIT事業の発展に大きく貢献したパートナー企業を表彰する「GRANDIT AWARD」を発表いたしました。

 GRANDIT社は、2008年度より「GRANDIT AWARD」を創設。GRANDIT事業への貢献度において極めて高く評価されたプライムパートナー<注1>やビジネスパートナー<注2>を選定、表彰しております。2018年度に最も貢献したプライムパートナーに授与される“Prime Partner of the year”には、NECネクサソリューションズ株式会社が、最も貢献したビジネスパートナーに授与される“Business Partner of the year”には、株式会社インフォセンスが輝きました。また、“Solution of the Year”として、日鉄日立システムエンジニアリング株式会社が表彰されました。
 加えて、「GRANDITコンソーシアム パートナー会」では、GRANDIT社 代表取締役社長 石川 研一が「GRANDIT 2019年度へ向けた展望」を発表。コンソーシアム方式で進化し続けてきた「GRANDIT」は、1,000社以上のお客様にご採用いただき、お客様の経営課題を解決してきました。今後も多様な働き方を支援する進化系ERP「GRANDIT」を通じて、お客様のビジネスの可能性を広げ、企業価値を最大化し、満足して頂くために、参加者一同が決意を新たに協力していくことを確認しました。

各AWARDの受賞パートナーについては以下の通りです。
■Prime Partner of the Year
 GRANDIT事業に最も大きく貢献したプライムパートナー
 ・NECネクサソリューションズ株式会社
■Business Partner of the Year
 GRANDIT事業に最も大きく貢献したビジネスパートナー
 ・株式会社インフォセンス
■Solution of the Year
 アドオンモジュールやテンプレート<注3>、サービスの提供や認知によりGRANDIT事業に大きく貢献したパートナー
 ・対象:GRANDIT電子帳簿保存法申請支援パック / 日鉄日立システムエンジニアリング株式会社
                                             以上

■進化系ERP「GRANDIT」について
「GRANDIT」は、コンソーシアム方式により業界を代表するIT企業が集まって知恵とノウハウを集大成した進化系ERPです。経理、債権、債務、販売、調達・在庫、製造、人事、給与、資産管理、経費といった基幹業務に加え、BI<注4>(ビジネスインテリジェンス)、EC、ワークフロー等を標準搭載し、多言語、多通貨、マルチカンパニー機能などの全ての機能を統合。マルチブラウザやクラウド、RPA<注5>といった最新インフラをサポートすることにより、ビジネス環境の変化に対応し、ビジネスの可能性を拡げることで、日本企業の成長を支えます。

■GRANDITコンソーシアムについて
GRANDITコンソーシアムは、顧客視点に立ち、日本企業に最も適し、最新技術基盤を採用したERPパッケージソフトを開発するために2003年10月に設立されました。製品完成後も製品とサービスの絶え間ない成長をめざし、定期的な活動を続けております。
プライムパートナーは、インフォコム、AJS、NECネクサソリューションズ、NTTコムウェア、オージス総研、システムインテグレータ、シナプスイノベーション、DACS、東洋紡システムクリエート、日商エレクトロニクス、日鉄日立システムエンジニアリング、パナソニック インフォメーションシステムズ、ベニックソリューション(以上50音順)の13社で構成され、ビジネスパートナーを加えて59社(2019年3月現在)となっております。
プライムパートナー一覧:https://www.grandit.jp/partner/prime.html
ビジネスパートナー一覧:https://www.grandit.jp/partner/business.html

■GRANDIT株式会社について
GRANDIT株式会社は、GRANDITコンソーシアムの運営を行い、コンソーシアム各社に蓄積されたノウハウやお客様の声を「GRANDIT」の製品開発に反映しています。また、「GRANDIT」のパッケージ著作権、パッケージ産業財産権を持ち、プロダクト維持管理、保守及び導入支援を行っております。
 <会社概要>
・商号:GRANDIT株式会社
・住所:東京都渋谷区神宮前2-34-17 住友不動産原宿ビル
・URL:https://www.grandit.jp/

■注釈について
<注1> プライムパートナー
GRANDITコンソーシアムメンバー企業。
<注2> ビジネスパートナー
コンソーシアムメンバーと協力して「GRANDIT」の販売とインテグレーションを担当するパートナーのこと。
<注3> アドオンモジュール・テンプレート
アドオンモジュール:「GRANDIT」本体の機能を補完する独立したモジュール。
テンプレート:「GRANDIT」のパラメータや業務ロジックを特定業種向けに予め設定したもの。
<注4> BI
Business Intelligence(ビジネスインテリジェンス)の略。
企業の蓄積されたデータを活用し、経営に寄与する意思決定の支援を行う、データの収集・分類・分析・アクセス方法などを提供するソフトウェアのこと。
<注5> RPA
Robotic Process Automation(ロボティックプロセスオートメーション)の略。
画面上のアプリケーション、システム画面を識別し、人間と同じように操作を行うことができるようなソフトウェア(ソフトウェアロボット)のこと。

【本ニュースリリースに関する報道関係各位からのお問い合わせ先】
■GRANDIT株式会社
マーケティング室
TEL: 03-6866-3910  FAX: 03-6866-3920
E-mail:marketing@grandit.jp
※「GRANDIT」は、GRANDIT株式会社の登録商標です。
※その他、記載している会社名・商品名は各社の商標または登録商標です。

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ