プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

日光市

「日光国立公園マウンテンランニング大会」が第7回スポーツ振興賞にてスポーツ庁長官賞を受賞!

2019年5月17日

日光トレイルランニング実行委員会
日光市観光情報発信センター

日光を愛する人たちと住民でつくられたイベント
「日光国立公園マウンテンランニング大会」が
第7回スポーツ振興賞にてスポーツ庁長官賞を受賞!
併せて、本年の大会エントリーが5月よりスタート!

日光トレイルランニング実行委員会(栃木県・日光市)が主催する「日光国立公園マウンテンランニング大会」が「第7回スポーツ振興賞」にてスポーツ庁 長官賞を受賞いたしました。
日光国立公園マウンテンランニング大会は、2015年9月の台風被害を受けた 日光 ・鬼怒川に「元気を取り戻したい」と願い、地元の有志で立ち上げられたイベントです。コースでは世界遺産の日光東照宮からスタートし、日光国立公園地内を走ります。

「スポーツ振興賞」は、スポーツ庁よりスポーツを通じた健康づくり及びスポーツを起爆剤としてツーリズムや産業振興、地域振興(まちづくり)に貢献した団体・グループ・企業に表彰されていますが、この度、「世界遺産×山岳スポーツ ~日光を愛する人々と地域住民で作り上げた『日光国立公園マウンテンランニング大会』~」の取組みがスポーツ庁長官賞に選定されました。
選定の理由として、世界遺産や国立公園を走るという自然を活かした立体的な取組(文化とスポーツの掛け合わせ)、世界遺産二社一寺の関係者の協力を得るユニークさ、世界遺産エリアの魅力が加味されたこと、廃業したスキー場の利活用という視点がユニークであること等、地域活性化の手法としてのスポーツ活用術で、世界遺産が後押ししていること、行政・補助金に頼らない地域一体となった大会運営が評価されました。
授賞式は、5月22日(水)SPORTEC2019展示会 (東京ビッグサイト)にて表彰式が行われます。

■授賞式について  
  日 時:令和元年5月22日(水)13:30~17:00
  場 所:東京ビッグサイト 会議棟610(G会場)
 併設:SPORTEC for LEISURE&GAME展示会(東京ビッグサイト西ホール)

(1)授賞式           5月22日(水)13:30~14:00
(2)受賞者による受賞事業の発表 5月22日(水)14:10~16:10

■展示会(SPORTEC2019)でのご紹介について
    期 日:5月22日(水)・23日(木)・24日(金)
    場 所:SPORTEC for LEISURE&GAME展示会場内 (東京ビッグサイト西ホール)
                        第7回スポーツ振興賞 展示コーナー
            内 容:パネル展示と受賞者のパンフレット、リーフレット等の配布

【スポーツ庁 鈴木大地長官よりコメント】
鈴木長官は、「 スポーツ庁 長官賞おめでとうございます。日光のもつ資源を最大限に活用し、地元住民の皆さんが一体となった取組みで大変素晴らしいと思います。復興目的でスタートしたイベントから、日本の誇れる世界遺産や国立公園を通して、日光の素晴らしさを世界に向け発信するイベントへの進化を目指してほしいと思います。」とのコメントをいただいております。

【第4回日光国立公園マウンテンランニング大会について】
今年で4回目となる「日光国立公園マウンテンランニング大会」が11月10日の開催が決定いたしました。本年は大会会場である世界遺産「日光の社寺」が世界遺産登録20周年というアニバーサリーであることから、新しい取組みを実施予定です。
今年はコースが元々の30キロから40キロ、15キロが17キロへと延長され、コース内には日光の社寺で使用される木材を育む森を含みよりハードで楽しめるコース設定としております。
人数は昨年の1500名から1000名(40K700名、17K300名)とし、より参加者が快適に大会を楽しめるように、そしてボランティアの方にも楽しんでいただけるような大会にしたいと考えます。また今回、トレイルランニングレースとして初めて、セレクトショップ「BEAMS」とオリジナルのTシャツを生産予定しております。
・開催日時        令和元年11月10日(日)
・大会エントリースタート 5月13日(月)~
■公式ホームページ http://www.nikkorun.com/
■公式フェイスブックページ https://www.facebook.com/nikkoyamarun/

是非、本件に関しまして取材等をいただけますと幸いです。
宜しくお願いいたします。

日光国立公園マウンテンランニング大会
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ