プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

住友ゴム工業株式会社

デジタルツールを用いたタイヤ管理ソリューションを展開 ~IoT開発企業の2社と基本業務提携契約を締結~

2019年5月16日

住友ゴム工業株式会社

デジタルツールを用いたタイヤ管理ソリューションを展開
~IoT開発企業の2社と基本業務提携契約を締結~

 住友ゴム工業(株)(社長:山本悟)は、従来のタイヤ販売にとどまらず、直接式TPMS(Tire Pressure Monitoring System:タイヤ空気圧監視システム)を使ったタイヤ空気圧管理ソリューションの展開や、他のデジタルツールを用いて得られるさまざまなタイヤデータを利用したソリューションシステムの構築のため、このたび、トライポッドワークス株式会社、SYSGRATION LTD.の2社との基本業務提携契約を締結しました。今後、グロ―バル展開を見据えて、お客様の新たなニーズにお応えするためのサービス創出を推進していきます。
 今回の基本業務提携は当社の掲げるタイヤ技術コンセプト「SMART TYRE CONCEPT」に、デジタルツールを用いて得られるさまざまなデータを利用した新たなソリューションサービスの領域を追加し、拡張していく一環となるものです。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905156409-O1-iGrD6Myw 】 
サービスのイメージ図
 
<今後の計画>
直接式TPMSなどのデジタルツールを使って得られる、タイヤ空気圧・温度データを活用したタイヤ空気圧管理ソリューションサービスの展開を行います。その後、デジタルツールの機能追加、外部サービスとの連携を実施することで、タイヤ管理ソリューションモデルを段階的に拡張していく予定です。

<背景>
MaaS(Mobility as a Service)の発展により、カーシェアリング、ライドシェアなど、車の所有から使用への転換が進んでいます。また、自動運転や隊列走行などの急速な技術進展により、近い将来にドライバーレスが想定されている中、タイヤ管理の自動化や予知保全サービスの提供など、タイヤ管理、車両管理ソリューションがさらに重要となってくると考えられます。こういった自動車業界の変化に対応するため、当社はオープンイノベーションによるデジタルツールの活用により、新たなサービスを創出し、お客様に提供していきます。

<2社の会社概要>
■トライポッドワークス株式会社
本   社:宮城県仙台市青葉区一番町1-1-41 カメイ仙台中央ビル7F
代表者:佐々木賢一
設   立:2005年
事業内容:〇TPMSソリューションをはじめとする自動車向けIoTサービスの開発・販売     〇情報セキュリティ、クラウドサービスの開発・販売
■SYSGRATION LTD.
本   社:5Fl., No.1,Sec.1, Tiding Blvd., Neihu Dist., Taipei City 11494, Taiwan
代表者:李益仁
設   立:1977年
事業内容:TPMS、周辺機器の製造および開発

サービスのイメージ図
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ