プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター

障害者スポーツ研究開発推進事業 基礎研究 子ども用歩行器を試作開発

2019年5月16日

地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター

障害者スポーツ研究開発推進事業 基礎研究
子ども用歩行器を試作開発
~スポーツにも利用可能な歩行器の普及を目指して~

 地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター(都産技研)は、障害をもつ子どもが運動を楽しめるように、2020年オリンピック・パラリンピック東京大会を契機として、日本の生活環境に適した「子ども用歩行器」を試作開発しました。

散歩やレクリエーションを楽しむことができる歩行器の試作開発
 海外では、子どもが歩行器を利用して日常生活を送っており、また、サッカーなどのスポーツをすることも珍しくありません。しかし、日本ではスポーツはもちろんのこと、街中で歩行器を目にする機会はほとんどなく、主に歩行訓練用として病院などの施設内で利用されています。
 そこで、都産技研では、障害を持つ子どもが新たなチャレンジとして、散歩やレクリエーションに参加できるような「子ども用歩行器」を試作開発しました。

○開発のポイント1「アンケートによる利用実態調査」
 全国800以上の発達支援センター、特別支援学校などの施設、300名を超える理学療法士、また各施設を利用する保護者への利用実態調査を実施(首都大学東京・新田收教授との共同研究)。現状の歩行器の問題点を分析し、得られた結果を開発歩行器の機能、デザインなどに反映。

○開発のポイント2「操作のしやすさ」
 ハンドルを持ち上げて固定輪である前輪を浮かし、中央輪を中心として車体を旋回(方向転換)できる、小回りの利く6輪歩
行器を試作(特許出願中)。力の弱い子どもでも容易に操作可能。

○開発のポイント3「小型化・折り畳み」
 子どもの身体情報や、屋内事情など日本特有の利用環境を考慮し、安定性を損なうことなく車体を小型化。また、小さく折り
畳み、従来の寝かせ置きではなく、自立した状態で収納可能。

◆2019年度末の商品化を目指し、共同研究・開発を行っていただける福祉機器製造・販売の実績を持つ企業を募集しています。

試作開発した6輪歩行器
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ