プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社ボルテックス

日本屈指のオフィス街「西新宿」エリアのオフィス・店舗用物件 「VORT西新宿Ⅱ」を新規物件として取得

2019年5月10日

株式会社ボルテックス

日本屈指のオフィス街「西新宿」エリアのオフィス・店舗用物件
「VORT西新宿Ⅱ」を新規物件として取得

日本屈指のオフィス街「西新宿」エリアのオフィス・店舗用物件
「VORT西新宿Ⅱ」を新規物件として取得

「区分所有オフィス®」を主軸に資産形成コンサルティングを行う株式会社ボルテックス(東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO 宮沢 文彦)は、都内有数の摩天楼である新宿の高層ビル群からも近く、一大商業地域でもある西新宿エリアに「VORT西新宿Ⅱ」を4月25日(木)に新規物件として取得いたしましたのでお知らせいたします。
本物件はバリューアップ工事を行った後、収益物件として区分で販売する予定です。

「VORT西新宿Ⅱ」 物件概要

名称:
VORT西新宿Ⅱ

住所:
東京都渋谷区代々木三丁目23番4号

交通:
都営地下鉄新宿線・都営大江戸線「新宿」駅 徒歩5分、都営大江戸線 「都庁前」駅 徒歩8分、JR各線「新宿」駅 徒歩10分、京王新線「初台」駅 徒歩10分、小田急小田原線 「南新宿」駅 徒歩10分

建物:
(種類)事務所・店舗 
(エレベーター)1基
(構造)鉄骨造陸屋根11階建
(延床面積)1,014.33㎡(306.83坪) 
(賃貸面積)883.44㎡(267.24坪)
(築年月)2007年11月(平成19年) 
(駐車場)無

取得日:
平成31年4月25日(木)

*当該資料内容については、作成時における概算数値・概要となっており、その内容の完全性・正確性・有用性などについて保証をするものではございません。本リリース後に上記内容が変更となる場合がありますので、ご了承ください。

《ハイクオリティ・ブランド「VORT®」》
VORTシリーズとは、その収益性・流動性の“象徴”ともいうべき「区分所有オフィス」のハイクオリティ・ブランドです。同ブランドは、物件価値を高めるためにバリューアップ工事を実施するとともに、「区分所有オフィス」のパイオニアである当社ならではのコストの削減や管理ノウハウなど、経験に裏打ちされた充実のサービスにより高い評価をいただいてきております。

◆ボルテックスについて◆
ボルテックスは1999年、宮沢文彦(代表取締役社長 兼CEO)により企業財務の新しいソリューションを提供する会社として設立。現在は、日本に「1社でも多くの100年企業の創出」をスローガンに掲げ、希少性と付加価値が高い都心5区を中心とした「区分所有オフィス」の商品開発・戦略立案・コンサルティングから管理運用までをワンストップで行っている。2019年4月に創立20周年を迎える。従業員数418名(2019年3月31日現在)、東京本社、札幌、仙台、新潟、金沢、名古屋、大阪、広島、福岡、鹿児島に支店を置く。2018年3月現在、連結売上高566億78百万円、経常利益69億68百万円、保有物件(賃貸用不動産)金額510億1百万円。            
公式サイト:https://www.vortex-net.com/ 
公式Facebook:https://ja-jp.facebook.com/Vortex.jp/ 
※「区分所有オフィス」「VORT」は、株式会社ボルテックスの登録商標です。

VORT西新宿Ⅱ
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ