プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人大正大学

2021年度 入試改革元年の新入試概要を大正大学が公表

20190510

学校法人 大正大学

2021年度 入試改革元年の新入試概要を大正大学が公表

大正大学(学長:大塚伸夫、所在地:東京都豊島区) は2021年度入試の入試概要(予告)を公式HPで公表しました。https://kokokara.tais.ac.jp/1894.html
当該年度より、入学試験の種類は大きく3分類されます。総合型選抜(現AO入試)、学校推薦型選抜(現推薦入試)、一般選抜(現一般入試、センター試験利用入試)の3つです。これらの選抜型について、本学の入試概要と変更点をご紹介します。

【変更点のポイント】
① 総合型選抜(現AO入試)では、12通り(学科・コース別)の多彩な入試選抜を展開。
② 学校推薦型選抜(現推薦入試)では、「総合的な探究の時間」を出願資格に設定。
③ 一般選抜合格者にeポートフォリオによる「主体性」に関する経験の提出を課し、点数化は行わない。

■総合型選抜(現AO入試)の概要
① 求める人物像を学科・コース毎12通り策定し、それぞれに選抜を実施。

② 受験生の「これまで」の経験と、「これから」の学修展開を踏まえた出願書類・事前課題を設定。
「これまで」… 調査書・高校時代のセルフポートレート
「これから」… 学習計画を含んだ志望理由書、本学への理解を深める課題、
志望学科への学びの姿勢を確認する課題

③ 一次審査は書類審査(②)、二次審査は小論文・グループワークや面接等多彩な方法で選抜(①)。

■学校推薦型選抜(現 推薦入試)の概要
①「高大接続入試」と銘打ち、『教科型』『セルフマネジメント型』『社会活動・課外活動型』という3タイプに分け、それぞれの入試で求める人材像を明確にした。

「高大接続入試(教科型)」現:推薦入試 
⇒各学科・コースの求める人物像に合致させるため、指定教科の評定平均値を出願資格に設定。
例:●●学科 指定教科名:英語 4.0以上

「高大接続入試(セルフマネジメント型)」現:指定校推薦入試 
⇒一次審査として、書類審査を設定。二次審査では、面接時に一次審査の書類についてのプレゼンを行う。

「高大接続入試(探究活動・課外活動型)」現:文化・体育推薦入試 
⇒出願資格に「総合的な探究の時間(※)」での活動内容を加えた。
※ 予測がより困難な時代において、教科等で育成した資質・能力を総動員しながら主体的に課題に向き合い、解決していく資質能力を育成するため、文部科学省が2019年からの新学習指導要領に導入した科目。

② 国語をベースとした「論理的思考力テスト」を課す。※「高大接続入試(セルフマネジメント型)」除く
高大接続システム改革で求められる学力の3要素に基づき、昨年までの「知識・技能」に加え、「思考力・判断力・表現力」も測るテストに移行します。

■一般選抜(現 一般入試、センター試験利用入試)
① アドミッションポリシーに応じた本学独自入試を継続して実施し、大学入学共通テストとの差別化を測る。
② 大学入学共通テストの成績と小論文による選抜方式を導入し、「知識・技能」に加え、小論文で「思考力・判断力・表現力」を評価。
③ eポートフォリオは、受験生の主体性を評価するためではなく、合格者に対して提出を求め、入学後の学修支援、今後の教育研究活動の参考資料として活用。
④ 英検・GTEC・TEAPを対象とした英語外部試験は従来通り利用。

■大正大学アドミッションポリシー
https://www.tais.ac.jp/faculty/tais_policy/

2021年度 入試改革元年の新入試概要を大正大学が公表
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ