プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

住友ゴム工業株式会社

レベル4自動運転車に対応 タイヤ周辺サービスを群馬大学と共同研究

2019年5月8日

住友ゴム工業株式会社

レベル4自動運転車に対応 
タイヤ周辺サービスを群馬大学と共同研究

 住友ゴム工業(株)(社長:山本悟)は、群馬大学次世代モビリティ社会実装研究センター(CRANTS)との協業で、レベル4(完全自動運転)に対応したタイヤ周辺サービスの共同研究を開始します。この研究の成果を、レベル4に求められるインテリジェントタイヤの開発や、デジタル技術を活用したタイヤサービスの実装にフィードバックし、次世代モビリティに適応した安全で事故のない社会づくりに貢献してまいります。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905076058-O1-553motgG
群馬大学次世代モビリティ社会実装研究センター
(CRANTS)

 
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905076058-O2-JR568xVI
実証実験車両(自動運転車)

 
 今回の共同研究は、センサーを使用して走行時のタイヤ空気圧・温度を監視することで、パンクなどのトラブル発生時のメンテナンスに対応するものです。タイヤに関する異常を感知した際に、行動判断に必要な情報をCRANTSに設置された自動運転管制所に提供することで、完全自動運転が実現されたレベル4の時代でも、安全な運行ができるようなタイヤサービスの構築を目指します。
 自動車産業を取り巻く環境が大きく変化するなか、当社は「さらに高い安全性能」「さらに高い環境性能」を実現するためのタイヤ技術開発コンセプト「Smart Tyre Concept」を掲げています。当社はこれからも安全で事故のない社会づくりに貢献してまいります。

<群馬大学次世代モビリティ社会実装研究センターについて>
次世代自動車産業振興に資する産学官金連携イノベーションの拠点形成を目指し、次世代モビリティシステムの社会実装研究と開発、高度人材育成を目的として2016年に設立。同年から群馬県桐生市内で自動運転自動車の公道実証実験を開始している。

※自動運転レベルの定義については下記ウェブページを参照。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/kettei/pdf/20180615/siryou9.pdf

実証実験車両(自動運転車)
群馬大学次世代モビリティ社会実装研究センター(CRANTS)
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ