プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

学校法人東京音楽大学

東京音楽大学、クラーク記念国際高等学校と連携授業を開始    ― 高大連携をスタートさせる ―

2019/05/08

東京音楽大学

東京音楽大学、クラーク記念国際高等学校と連携授業を開始
― 高大連携をスタートさせる ―

 東京音楽大学(東京都目黒区 学長 野島稔)は、2019年度から、学校法人創志学園 クラーク記念国際高等学校 東京キャンパス(東京都新宿区)「パフォーマンスコース」2年生を科目等履修生として受入れる連携授業を開始しました。
 授業は、池袋キャンパスで行われる声楽専攻1年次の「ヴォイストレーニング」で、講義、グループレッスンによるトレーニングを織り交ぜながら、呼吸法・音程のコントロール・共鳴のコントロールなどクラシックの声楽技術の基礎を学びます。
クラーク記念国際高等学校では「パフォーマンスコース」2年次の必修授業と位置づけ、通年履修で2単位の取得を認定します。
 同コースは、主にダンス・演劇・殺陣(たて)・RAPなど多様な舞台パフォーマンスの習得を目標としており、こうした高校生と授業を共にすることは、声楽専攻の大学生にとっても表現の幅を広げる機会とになりうると考えられます。

 クラーク記念国際高等学校は全国にキャンパスを有し、約11,000名の生徒が在籍する日本最大級の広域通信制高等学校です。1992年に開校し、校長は三浦雄一郎が開校当初より務めています。

 なお5月16日(木)14:10-15:40に池袋キャンパスで行われる授業を、教育関係者、メディア関係者に限り公開いたします。ご希望の方は下記のお問い合せ先にご連絡ください。

中目黒・代官山キャンパス
池袋キャンパス
オペラ「ボエーム」
PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ