プレスリリース共同通信PRワイヤーより最新のプレスリリースを紹介

株式会社レノバ

「那須烏山ソーラー発電所」の営業運転の開始に関するお知らせ

2019年5月7日

株式会社レノバ

当社の関連会社であります那須烏山ソーラー匿名組合事業において建設を行ってまいりました、「那須烏山ソーラー発電所」(栃木県那須烏山市・発電容量19.2MW)が2019年5月1日付で、営業運転を開始いたしました。

「那須烏山ソーラー発電所」の営業運転の開始に関するお知らせ

当社の関連会社であります那須烏山ソーラー匿名組合事業において建設を行ってまいりました、「那須烏山ソーラー発電所」(栃木県那須烏山市・発電容量19.2MW)が2019年5月1日付で、営業運転を開始いたしました。
那須烏山ソーラー発電所は、当社が全国で開発し保有する、運転中としては9ヶ所目の大規模太陽光発電所です。発電所から連系変電所まで約6kmの送電ルートの構築及び複雑な地形にパネルを敷設する等、当社が蓄積している技術力を最大限に発揮し開発した発電所です。

那須烏山ソーラー発電所の営業運転の開始に伴い、当社の運転中発電所(大規模太陽光発電所及び木質バイオマス発電所)の発電容量は合計204.5MWとなりました。また、EPC契約上の建設期間中であり営業運転開始前(以下、「建設中」という。)の発電所(同)の発電容量は319.4MWとなり、運転中及び建設中発電所の発電容量は合計で523.9MWまで拡大しております。 今後とも、発電事業の開発を着実に進め、株式価値及び企業価値の向上を実現してまいります。

那須烏山ソーラー発電所の概要
(1)名称; 那須烏山ソーラー発電所
(2)所在地; 栃木県那須烏山市田野倉
(3)出力規模; 約19.2MW
(4)想定年間発電量*1; 約2,100万kWh(一般家庭約6,000世帯の年間使用電力に相当)
(5)FIT単価; 36円/kWh
(6)年間想定売上高*1; 約8億円
(7)年間想定EBITDA*1*2; 約6億円
(8)運転開始日; 2019年5月1日
*1 現状の計画値であり変動する可能性があります
*2 EBITDA(経常利益+純支払利息+減価償却費+長期前払費用償却(電力負担金償却及び繰延消費税償却)
+のれん償却額+繰延資産償却額(開業費償却及び創立費償却))。計画売電量は当社が独自に算出した数値です

PRワイヤーロゴ

共同通信PRワイヤーがあなたのプレスリリースを責任を持ってお届けします。

共同通信PRワイヤーは、わが国を代表する通信社である共同通信社のグループ企業として設立された、国内唯一の世界標準の広報通信社です。共同通信PRワイヤーがご提供するワイヤーサービスは、報道機関の方々からのご協力とご承認を得て作成した「最新のメディア向け配信リスト」を使い、共同通信社が全力を挙げて作り上げた国内広報通信システムを通じて、適切な配信先にいち早く、プレスリリースをお届けするものです。

PRワイヤー

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ